ビールの知識

「とりあえず生ビール」で乾杯はなぜなのか|回避する方法

更新日:

とりあえずビール 一杯目 生 乾杯

 

乾杯時の一杯目の注文。

「とりあえずビール!」

「とりあえず生を人数分」

というセリフは宴会時の常套句でもあり、誰もが耳にしたことがあるでしょう。

 

しかし、若い人の中で「とりあえずビール」は受け入れられない傾向にあります。

アルハラにも注意が必要な最近の若者の宴会事情について紹介します。

ということで、
「とりあえず生ビール」で乾杯はなぜなのか|回避する方法
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

「とりあえずビール」が浸透した理由

なぜ「とりあえずビール」がここまで浸透していたのでしょう。

そこには合理的な理由があります。

それは、この3つ。

  1. 提供が早い
  2. 便利な定番
  3. アルコール度数が低いため

見ていきましょう。

 

①提供が早い

昔は日本人がよく飲むアルコールと言えば日本酒で、特に熱燗で楽しむことがポピュラーでした。

しかし、昭和30年の高度経済成長に伴いビールが庶民の飲み物として浸透し、日本酒需要よりも大きくなってきたのです。

 

これがどういうことかと言うと・・・

『日本酒とビールでは圧倒的に提供スピードが異なる』ということ。

 

いちいち燗をつける日本酒よりもビールの方が格段に提供が早いんですよね。

このスピードこそ乾杯の音頭の「とりあえずビール」と受け入れられていった一つの理由です。

 

② 便利な定番として

人数が多い飲み会において「とりあえずビール」は注文を一括できる便利な常套句です。

集団行動の和を重んじる日本人には受け入れられやすく、同じものを注文すれば提供も早いため乾杯までテンポよく進めることができました。

 

③ アルコール度数が低いため

乾杯時の空腹の胃袋に入れるアルコールとしては、アルコール度数が低いビールは最初の一杯に適しています。

また、ビールの炭酸は胃腸を刺激するので食事をおいしく食べることにも効果があります。

 

若者のビール離れ

合理的な理由で好まれていた「とりあえずビール」の考え方ですが、最近の若者には好まれません。

今日のビールの消費量は減少の傾向にあり、とくに若い世代のビール離れが進んでいます。

 

飲み慣れないと「苦い」という印象があるビールよりも、好みのお酒を楽しみたいという人が増えているのです。

 

「ビールは慣れ!」と勧めることはアルハラ?

昔の若者は、最初はビールが苦手でも「ビールは慣れだから」「そのうちおいしく感じる」と先輩や上司に勧められるままにビールを飲んでいました。

ですが、最近では、このような発言はアルハラと捉われることもあるので注意です。

 

酔っぱらった上で執拗に絡むことを主にアルハラと指しますが、飲酒を強要することや、アルコールが苦手な人への配慮を欠くこともアルハラの一種となってしまいます。

ビールが嫌いだという人に無理に勧めることも控えなければなりません。

 

スポンサーリンク

 

個人が尊重される時代

「右へならへ」の集団生活がよしとされていた時代は過ぎ去り、集団の中でも考えや行動において「個」を主張することは当然の権利として認められる時代になりました。

 

飲み会における最初の一杯も嫌いな生ビールではなく、好きなものを飲みたいという考え方は若者にとって当たり前の主張です。

さらにアルコールそのものが苦手で乾杯時の飲み物がお酒ではない、というパターンすらあるので驚きを隠せない中高年も少なくはないでしょう。

 

「とりあえずビール」の回避法は

年齢層が広い飲み会の場では「とりあえずビール」の誘いを断ることで角がたつ!

こう心配に思う人は「とりあえずビール」を避けるための方法を身につけておく必要があります。

 

「とりあえずビール」を一番円満に回避する方法は【幹事を引き受けてしまうこと】でしょう。

「とりあえずビールの人、その他の人」と自分の采配で進めることができます。

 

また、最初だけ周りに合わせてビールを頼むものの乾杯時の一口でとどめ好きなものを後から注文するという手もあります。

アルコールが苦手な人は体調を理由にする、ソフトドリンクをサワーと偽るなどあの手この手で対応しているようですよ。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

そもそも、個人の趣向を楽しむことで個性が出るという感覚の若者には「人の飲み物を勝手に決めるってどうなの?」という意見もあります。

「とりあえずビール」と苦手な飲み物を強要されることは、若者の酒離れを引き起こす原因にもなるでしょう。

>>>宴会時のマナーがめんどくさすぎる?

 

とはいえ、若者は自由な選択を許されているといっても、誰もが集団よりも個性を重視しているわけではありません。

ある程度集団に合わせることでうまく回る面もありますよね。ジェネレーションギャップに苦しむことは若者も中高年もお互い様です。

「とりあえずビール」は新しい考え方や道徳観により、衰退傾向にあることを理解したうえでのお酒のマナーが必要ですね。

-ビールの知識
-, , ,

Copyright© お酒が飲みたいッッ!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.