ウィスキーまとめ

バーボンとウィスキーの違い|原料と国に秘密が

更新日:

バーボン ウィスキー 違い

 

突然ですが、あなたは、女性が『このお酒を飲む男性はカッコイイ!』と思うお酒はなんだと思いますか?

それは・・・【バーボン】なんです!

参考:マイナビウーマン

 

もう『バーボン』と言う響きだけでカッコイイですよね。

ですけど、『バーボン』とは言うものの、実のところ、どんなお酒で、どんなつまみが合うとか答えられる人は少ないのではないでしょうか?

そこで今回は、
バーボンとウィスキーの違い|原料と国に秘密が
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

バーボンとウィスキーの違い

違うお酒だと思いがちのバーボンとウィスキーですが、【バーボンはウィスキー】です。

バーボンは、もう少し丁寧に言うと、バーボン・ウィスキーと言う種類になります。

『ウィスキーと言うお酒のジャンル』の中に『バーボンが含まれている』ということです。

 

ウィスキーの定義とは

酒税法でウィスキーの定義は定められていますが、法律の文章は非常に分かりにくいので、ざっくりとした定義について説明します。

ウィスキーとは、大麦、ライ麦、トウモロコシなどの穀物を原料として作った【蒸留酒】です。

 

『蒸留酒』とは、お酒を加熱し、水よりも先にアルコールが蒸発することを利用して、水とアルコールを分離させて作ったお酒のことを言います。

ビールのような醸造酒に比べて、蒸留酒の方がアルコール度数の高いものが多い事が特徴の一つです。

 

バーボンの定義とは

ウィスキーには原料や、作られた地方などで様々な種類に分類されます。

バーボンに関しては、その原料が大きな特徴と言えます。

一般的なウィスキーは大麦主体で作ることが多いのに対し、バーボンは原料の51%以上が【トウモロコシ】で作られています。

 

また熟成させる際の樽は内面を焦がしたホワイトオークの樽を使います。

これにより、木の焼けた香りがお酒にうつり、バーボンがもつ独特の香りが生まれます。

 

ちなみにバーボンという名前は、アメリカケンタッキー州の『バーボン群』という地名からきています。

ここがバーボン発祥の地であり、【バーボンをバーボンたらしめる定義】とも言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

バーボンに合うおつまみ

バーボンに合うつまみとしては次のようなものが有名です。

  • ナッツ系
  • ジャーキー
  • 生ハム
  • チーズ
  • カルパッチョ
  • ドライフルーツ
  • バニラアイス
  • チョコレート

バニラアイスやチョコレートで、「えっ?」と思ってしまいますが、バーボンの独特な芳醇な香りとスイーツの甘さが意外にも合うんですよね。

飴やチョコレートとウィスキーを合わせた「ウィスキーボンボン」なんて懐かしいお菓子もありますからね。

 

 

 

ウィスキーボンボン 子供 酔う
ウィスキーボンボン『子供は酔う?』運転も控えた方が無難かも・・・

  アルコールが入ったお菓子の代表と言えば「ウィスキーボンボン」が有名 ...

 

ただ個人的な一番のオススメとしては、【チーズの燻製】です。

しかも自家製。

バーボンなどウィスキーの芳醇な香りは、木を燻したような香りに似ているので、燻製との相性が抜群に良いんです。

 

出来たての燻製は香りが落ち着いておらず、少し煙っぽい風味が混じっていて、一晩程寝かせると、一気に香りが落ち着いてしまいます。

なぜ自家製の燻製がオススメか?というと、市販品のように香りが落ち着いてしまっているものではなく、自家製ならではの【煙の荒々しい感じ】がウィスキーにはメッチャ合うんです!!

 

その荒々しさを例えるなら、キャンプファイヤーの周りで、バーボンを飲んているような感覚です!!

『男のロマン』や『ワイルドさ』がそこにはあります(笑)

 

しかも出来立てのチーズの燻製の場合、表面は燻されて少し硬いのですが、中は熱で『柔らかくとろけている』ので、『チーズの濃厚さ』が際立ち、バーボンにはよく合うんです。

一時期ハマってしまい、毎日のようにキッチンで酒のアテを作っていました。

 

『自家製の燻製』なんて言うと、難しく感じてしまうかもしれませんが、実はめっちゃ簡単に出来るんですよ。

簡単に!お手軽に!!!燻製をするには!!

コレ!

 

マサカの段ボール式の燻製器!!!

流石ダンボール、1000円ちょっとと、メチャクチャ安い(笑)

 

一式でセットになっているので、お試しには、ちょうど良いかも知れませんね♪

 

ちなみガチ勢はコチラでどうぞ。

 

ただ流石に・・・自宅で毎日やると、部屋に燻製の匂いが染み付きだしたので、毎日はオススメ出来ませんw

 

しかし、気になるあの子を自宅に招き、バーボンを片手に、自家製の燻製料理を手際よく調理し・・・

 

って、こんなん雰囲気最強ですやん。

絶対モテますやん。

クロージング間違いなしですやん!!!

 

私も独身時代に、バーボンや燻製の嗜み方を知っていれば良かったなぁ・・・(遠い目)

 

あ、でも、もし本気で女性を招くならダンボールの燻製キットはやめましょうねwwwwww

ダサ過ぎますからwwwwwwww

ダンボールの方は、あくまで自分用!で!

>>>自宅でバーの丸氷を作る方法が凄い!!【めっちゃウマい氷】でロックを楽しもう♪

 

日本で手に入るバーボンは何がある?

日本でもバーボンは手に入りますが、主に(というか全て)アメリカからの輸入品です。

何故かというと、日本の法律には【バーボンの定義がない】のです。

 

バーボンという名称がアメリカの地名からきたもので、極端な話、アメリカの地酒なのです。

日本で作っても、バーボンという名称は適切でないという考えからきています。

 

日本での販売元(輸入元)の多くは、日本のビールメーカーです。

代表的なバーボンは以下です。

  • ジムビーム・・・200年以上の歴史を持つバーボン。世界で1番売れたバーボンとも言われている。(輸入元サントリー)
  • IWハーパー・・・このバーボンで作ったハイボールはハーパーソーダと呼ばれる。ハイボールとして飲むのが特にオススメ(輸入元キリンビール)
  • メーカーズマーク・・・蝋で封印した赤い蝋封が、味のあるデザイン(輸入元サントリー)
  • アーリータイムズ・・・アメリカ国内向け品は、貯蔵樽がバーボン用の基準を満たしていないため、アメリカ国内向け同名称商品はバーボンではないという変わった経歴をもつ。輸出用は貯蔵樽の基準もクリアしているので、正真正銘のバーボンと言える。(輸入元アサヒビール)
  • エライジャクレイブ・・・バーボンの父と呼ばれたクライブ牧師の名を掲げたバーボン。(輸入元サッポロビール)
  • ワイルドターキー・・・七面鳥のラベルが特徴的なボトル。その香りはバーボンの中でも非常に力強い。(輸入元サントリー)

 

スポンサーリンク

 

まとめ

女子にモテようと思って、バーボンを頼んでみても、肝心のバーボンに関する知識がなれけば、逆にダサイですよねw

バーボンを嗜む前に、知識をしっかり頭に叩き込んで、目指せモテ男です(笑)

知識があった方が美味しく頂けますしね♪

 

5大ウィスキー【違いと味の特徴】各国人気の代表銘柄はコレだ!!

-ウィスキーまとめ
-, ,

Copyright© お酒が飲みたいッッ!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.