ウィスキーまとめ

ウィスキーとブランデーの違いとは?その関係は【原料に秘密】が・・・!?

更新日:

ウィスキー ブランデー 違い

 

以前、別の記事でも紹介したように、『女性が思う、男が飲んでいたらかっこいいお酒』は【バーボン(ウィスキー)】です。

バーボンとウィスキーの違いとは?女性に【モテるお酒NO.1!?】の秘密

 

けど少し違和感を感じませんか?

たしかにウィスキーを飲む男性はかっこいいとは思うのですが、どちらかと言うと、【ブランデー】の方がかっこいいと個人的には思います。

ウィスキーはワイルドな感じで、ブランデーはダンディな感じがします。

男の私からしたら、ブランデーを嗜む男性の方が『セクシーでかっこいい///』と思ってしまいます。
・・・あっ、別に私にソッチの気はないですよ(笑)

 

しかし、そもそもウィスキーとブランデーって何が違うかご存知ですか?

ということで、
ウィスキーとブランデーの違いとは?その関係は【原料に秘密】が・・・!?
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

ウィスキーとブランデーは原料が違う

名称の違う2つのお酒ですが、その違いはざっくり言うと原料が違います。

ウィスキーは大麦、ライ麦、トウモロコシなどの穀物を原料として作られる蒸留酒であるのに対して、ブランデーは葡萄などの果実を原料として作られる蒸留酒です。

 

この原料の違いが、実は製法にも大きな違いを与えます。

酒類を作る際には基本的に、『糖』をアルコールに変換する【アルコール発酵】という工程が必要になります。
ウィスキーやブランデーだけでなく、ビールでもワインでも日本酒でも同じくアルコール発酵が必要です。

ウィスキーの原料は穀物であるため、まずは穀物に含まれるデンプンを糖に変える『糖化』という工程が必要になります。
その後アルコール発酵を行います。

 

一方、ブランデーの場合は、果実にはもともと糖が含まれているので、糖化工程の必要がなく、果汁をそのままアルコール発酵させることができます。

ブランデーの方が、糖化工程がないぶん、ひと手間少ないんですね。

 

けど葡萄の果汁をアルコール発酵させる方法って何かに似てると思いませんか?

そう、ワインです。

『ウィスキーとブランデー』の関係は、実は『ビールとワイン』の関係と同じなのです。

 

ウィスキーとブランデーvsビールとワイン

ウィスキーとブランデーの関係は、ビールとワインの関係と同じなのです。

ビールの原料は大麦などの穀物(とホップなど)で、ワインの原料は葡萄です。

 

そうなってくると今度は、ビールとウィスキー、ワインとブランデーの違いが何なのか分からなくなってきますが、ビールとワインは【醸造酒】、ウィスキーとブランデーは【蒸留酒】です。

少し乱暴な言い方をすると、ビールを蒸留したのがウィスキーで、ワインを蒸留したのがブランデーです。

※酒類製造における蒸留とは、お酒を加熱すると、水よりも先にアルコールが蒸発することを利用して、水とアルコールを分離させ、高アルコール度数のお酒を作る方法。

 

そもそもブランデーに関しては、その語源は『brandewijn(焼いたワイン)』と言うオランダ語からきていますし、実際にワインを蒸留して作っています。

 

スポンサーリンク

 

よく聞く【コニャック】って何?

洋酒つながりでよく耳にするお酒の種類として【コニャック】というお酒があります。
このコニャックはブランデーの一種になります。

フランスのコニャック地方という地名から、その名がつけられたブランデーです。

原料製法にも、細かな定義がありますが、主にコニャック地方周辺で作られることが多いため、コニャック産のブランデーをコニャックと呼ぶのが一般的のようです。

 

ちなみにアメリカ バーボン群発祥のウィスキーを『バーボン』、スコットランドで作られるウィスキーを『スコッチ』と呼ぶように、ウィスキーも地名が名前の由来となった品種がたくさんあります。

 

それぞれの飲み方

ウィスキー

ウィスキーの飲み方に特に決まった流儀はありません。

そのまま飲む『ストレート』や、グラスに氷を入れてお酒を注ぐ『(オン・ザ・)ロック』、原液を水やソーダで割ったり、カクテルに使用したり、もしくはスイーツに使ったり、などなど様々な飲み方で楽しめるお酒です。

 

ブランデー

一方、ブランデーの楽しみ方はと言うと、基本的には【ストレート】で飲むことが多いです。

ワインが味だけでなく、香りも愉しむように、ブランデーも【香りを愉しむ】お酒です。

そのため、香りを立てる為に体温で温めながら飲むようにします。
どのように温めるのかと言うと、口の大きなブランデーグラスに入れて、グラスの底を手のひらで包み込むようにしながら、グラスを揺らして、、、って、映画のワンシーンで良くある、正にあの飲み方です(笑)

 

ちなみに一部ではソーダ割や水割りなどの飲み方をする人もいるそうですが、キンキンに冷える『ロック』で飲むのは、香りが立たなくなってしまうため、もっとも避けるべき飲み方と言われています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ウィスキーとブランデーはよく似たお酒に思われがちですが、その2つの関係は、ビールとワインの関係と同じです。
そう思うと全然違うような気がしますね。

ブランデーと言うと映画ゴットファーザーのワンシーンを連想する人が多いと思います。
ブランデーのイメージを全世界に定着させたと言っても過言ではないシーンですね。

そして世の中には『ゴットファーザー』というカクテルがあります。

 

使われるお酒は・・・

ウィスキーです。(ブランデーじゃないのかよ!!)

-ウィスキーまとめ
-, ,

Copyright© お酒が飲みたいッッ!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.