人気の日本酒

世界一美味しい日本酒を決める大会SAKE COMPETITIONがすごい!

SAKE COMPETITIONとは

 

今や世界中で人気のお酒となった日本酒。

そんな日本酒の世界一を決めるSAKE COMPETITIONというイベントがあることをご存知ですか。

同じく日本酒のコンペでは「全国新酒鑑評会」というものも有名ですが、こちらで出品されているのは一般では手に入らないお酒がほとんど。

それに比べてSAKE COMPETITIONは、一般の人でも手に入る販売酒であることが出品条件なんです。

 

1位になった日本酒は即日完売となってしまう程、世界からも注目されているSAKE COMPETITION。

日本酒に興味がある方なら、どんなお酒が1位になったか気になりますよね。

ちらっと一部だけ紹介するとコチラなどがそうです。

 

その他の受賞作も見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

SAKE COMPETITIONとは

まず、SAKE COMPETITIONについてご紹介します。

 

世界最大の日本酒コンペ

SAKE COMPETITIONとは、日本一美味しい市販酒を決める利き酒イベントのこと。

出品酒数世界最多の、唯一日本酒だけのコンペとして2012年から開催されています。

 

しかし、“唯一日本酒だけのコンペ”とは言っても、出品されるのは日本酒であれば何でもいいということではありません。

出品条件は『市販酒であること』

つまり我々一般人でも購入することができる日本酒であることです。

 

そんな世界一の日本酒を決めるこのコンペは、

  • 日本酒の品質を正しく評価したい
  • 料理に合わせて、おいしい日本酒の選択基準を作りたい
  • 世界的な日本酒の基準を作成し、多くの消費者に知ってもらいたい

との考えから生まれました。

つまりSAKE COMPETITIONは「おいしい日本酒をもっと世界に広めたい」との思いから生まれたコンペなんです。

 

ラベルを隠しての厳しい審査

でも、世界一の日本酒を決めるって言ってもそんなにたくさんどうやって選ぶのだろう?と思いますよね。

その審査のポイントは以下の二つ。

  1. 複数部門に分けての審査
  2. ラベルを隠しての審査

複数の部門に日本酒が分けられ、その部門ごとに審査を行う形式になっています。

 

また、審査の際はお酒の入っている瓶のラベルは隠されるので、審査員は外見でお酒の中身を判断することはできません。

厳密なる利き酒方式。

審査員は口に含んだだけの味や風味で日本酒に点数をつけていくのです。

 

2018年SAKE COMPETITION

2018年の6月にも、第7回のSAKE COMPETITIONが開催されました。

どんなコンペだったか見てみましょう。

 

総出品数は1772点

2018年のSAKE COMPETITIONの総出品数は、計454蔵・1772点。

日本全国だけでなく、海外からも数々の日本酒が出品されました。

そして、各部門上位10位に選ばれた日本酒だけが、最高賞であるGOLDを受賞することができるのです。

 

7部門に分けられての審査

2018年SAKE COMPETITIONに設けられた部門は、全7部門。

  1. 純米酒
  2. 純米吟醸
  3. 純米大吟醸
  4. 吟醸
  5. Super Premium
  6. スパークリング
  7. 海外出品酒

といった、それぞれのお酒に合った部門に分けられ審査が行われました。

 

因みにSuper Premiumとは、720mlで販売価格が1万円以上・1.8リットルで1万5000円以上の高級日本酒を対象とした部門のこと。

こちらの部門の審査は、他の部門のとはちょっと変わっていることが特徴。

お酒の味だけでなくラベルデザインなどを含めた審査で、酒質8:外見2の審査比率で評価されます。

 

2018年SAKE COMPETITIONの受賞酒

では、2018年のSAKE COMPETITIONで、最高賞であるGOLDに輝いた日本酒を少しご紹介します。

 

純米酒部門

純米酒部門の1位は、福島県の「會津宮泉純米酒」

 

有名な寫樂(しゃらく)と同じ会社で造られている日本酒で、さわやかなキレが特徴のお酒です。

寫樂はコチラ。

 

純米吟醸部門

純米吟醸部門の1位は、三重県の「作 恵乃智(ざく めぐみのとも)」

 

「全米日本酒鑑評会 2018」でも金賞受賞したお酒で、軽やかな味わいが特徴です。

 

純米大吟醸部門

純米大吟醸部門の1位は、岩手県の「南部美人 純米大吟醸」

 

豊かな香りと優しい口当たりが料理を引き立ててくれる、食中酒としても楽しめるお酒です。

 

吟醸部門

吟醸部門の1位は、岡山県の「極聖 大吟醸」

created by Rinker
宮下酒造
¥4,730 (2019/12/02 12:26:04時点 Amazon調べ-詳細)

全国新酒鑑評会で8年連続金賞を受賞している、やや辛口の日本酒です。

 

SUPER PREMIUM部門

SUPER PREMIUM部門の1位は栃木県の「仙禽 醸(せんきん かもす)」

 

日本酒では珍しい甘酸っぱさが特徴。

スタイリッシュなラベルも目を引きます。

 

スパークリング部門

スパークリング部門の1位は岩手県の「南部美人 あわさけスパークリング」

 

2017年の同部門でも1位を受賞しました。

優しい口当たりとスパークリングのさわやかさが特徴です。

 

海外出品酒部門

海外出品部門の1位は、アメリカの「Junmai Ginjo Nama」

果物のように甘い香りと、さわやかな味わいが特徴です。

※2018年8月現在、大手通販サイトには出品がありません。。。

 

まとめ

日本全国だけでなく、海外からも出品されるSAKE COMPETITION。

その背景には、日本の美味しいお酒をもっと気軽に楽しんで欲しいという思いがありました。

詳しくないとちょっと敷居が高く感じる日本酒。

是非1位に輝いたお酒を味わってみてはいかがでしょうか。

お酒のめちゃくちゃ怖い話|健康リスクを把握しよう

「まさか自分が?」

誇張なしに本気で青ざめました。

飲み会ともなれば、かけつけ3杯とビールを飲み、日本酒の5合6合を飲み、果てにはワインやウィスキー、なんでもござれな私。

自他ともに認める上戸タイプ・・・だと思っていました。

ですが・・・なんと「飲酒による健康リスクが最も高いタイプ」という結果がでてしまうとは。

アルコール感受性遺伝子カード 結果

ALDH2遺伝子型 健康リスク少量の飲酒でさえも、食道がんのリスクが8.84倍、3合以上の飲酒で114倍。

こう数字で見せつけられると、マジでくるものがありますね。

私も早死にしたくはないですから、今後は飲酒に対する意識の改善をしていくことを固く決意させられました。

この結果は、アルコール感受性遺伝子検査によるものです。

ADH1BとALDH2という、ふたつの遺伝子パターンをチェックし、9分類にタイプ分けされます。

もし、飲み過ぎや健康診断で悩んでいるのであれば、一度受けておくことでずっしりと思い知らされるかもしれませんよ。

「でも、けっこう高いんじゃないの?」

いいえ、価格は飲み会一回程度(5,276円)です。

自宅で簡単に遺伝子検査ができると思えば、安いものではありませんか?

アルコール感受性遺伝子検査キット

「自分は飲める」こう思っている人ほど注意が必要です。かくいう私がそれでした。自分や大事な子供の飲酒による健康リスクがどの程度なのかを把握し、長い人生におけるアルコールとの付き合い方を見直しましょう。

-人気の日本酒
-

Copyright© 超お酒が飲みたいッッ!! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.