お酒の悩みまとめ

お酒のちゃんぽんとは|悪酔いするって噂の真相はコレだ!

投稿日:

ちゃんぽんとは お酒

一般的に、異なる種類のお酒を同時に飲むと酔いやすいと言われています。

お酒が解禁になったばかりの大学生や、普段あまり飲まない方だと、

「お酒をちゃんぽんすると危険だよ!」と注意された経験があるかもしれませんね。

 

ちゃんぽんで悪酔いとはどういう意味なのか。

耳馴染みのない人からすると「ちゃんぽん」は中華料理のイメージかもしれません。

>>>ちゃんぽんとは|ラーメンとの違いを完全調査!

  • 「お酒のちゃんぽんって何?」
  • 「悪酔いするって本当なの?」

そんな方の為に、ちゃんぽんに関する噂の真相をお伝えしていこうと思います。

ということで、
お酒のちゃんぽんとは|悪酔いするって噂の真相はコレだ!
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

ちゃんぽんとは

お酒と一言でいってもその種類は様々。

日本酒、ワイン、カクテル、ブランデー、ビールなど、居酒屋にはたくさんのメニューが並んでいます。

ついつい目移りしてしまいますよね^^;

 

ちゃんぽんは、こういった種類の違うお酒を飲みあわせることを言います。

  1. はじめの一杯でビール。
  2. 次に自分の好きなサワーやカクテル。
  3. 友人が注文したカクテルや銘酒の味見。
  4. 気分が良くなって日本酒も。

なんていう経験が一度はあるかもしれません。

これがちゃんぽんです。

違う種類のお酒を飲むことで、度数が違うお酒が混ざりあって悪酔いしてしまうと考えられています。

 

しかし、お腹の中でアルコールが混ざり合うと化学反応のようなものが起きてしまうのでしょうか?

この噂は本当なのか、調べてみました。

 

悪酔いの噂は本当?

「お酒をちゃんぽんすると悪酔いする」

実はこの噂に医学的根拠はありません。

 

酔うかどうかは量の問題!

お酒の飲みあわせは関係ないんです。

胃の中でお酒が混ざり合ったとしても、摂取したアルコールの量は変わらないですよね。

特殊な化学反応が起こることもないみたいです(笑)

 

つまりお酒をちゃんぽんしたからといって、酔いやすくなるわけではないのです。

しかし安心してはいけません。

「火のないところに煙は立たぬ」という言葉があるように、ちゃんぽんと悪酔いは全く無関係ではないのです!

 

スポンサーリンク

 

噂の理由

「お酒をちゃんぽんすると悪酔いする」という噂の理由は、2つ考えられます。

  1. 飲んだ量が分からなくなる
  2. 味の変化で量を飲めてしまう

この2つです。

順に解説します。

 

1.飲んだ量が分からなくなる

一つ目は、自分がどれくらい飲んだか分かりにくくなってしまうことです。

少量ずつ回し飲みしたりすると、自分が飲んだ量を正確に把握するのは難しくなります。

そうすると普段自分の適量を守れている人でも、気づかぬうちに飲み過ぎていた…なんてことで次の日二日酔いに悩まされる人はたくさんいますね。

 

特に酔いが回ってくると、度数を確認しないまま別のお酒に手を出してしまうことも。

サワーやビールなら大丈夫ですが、カクテルなどはたまにとても強くて飲みやすいものがありますからね。

>>>レディキラーカクテルの種類まとめ【飲みやすさに注意!!】

 

私も、うっかり高い度数のお酒を飲んでしまうなんてことはしばしばあります・・・

こうなってしまうと、限界をこえたかどうか、自分では判断できなくなってしまいます。

そして結果的に悪酔いしてしまうのです。

 

2.味の変化で量を飲めてしまう

2つ目は、味の変化があることで速いペースを維持できてしまう点です。

ちゃんぽんは味を変えられるので、ついつい飲み過ぎてしまいがち。

味や香りの違いを感じることで、飽きずにお酒を楽しめるんですね。

 

食事の席で「料理はもう食べれないけど、デザートは別腹!」というのは誰しも経験がありますよね。

お酒も同じで、味を変えることによって、自然と限界を超えてしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ちゃんぽんで悪酔いするという噂は、単に飲み過ぎてしまいやすいということが真実ですね。

理性を手放さずに数種類のお酒を少しずつ楽しむのであれば、ちゃんぽんしても平気でしょう。

それが中々難しいんですけどね…(笑)

自分の限界と相談しながら、楽しくお酒を味わいたいものです!

>>>お酒に強くなる方法5つまとめ|安全な飲み方で楽しい席を

-お酒の悩みまとめ
-,

Copyright© 超お酒が飲みたいッッ!! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.