おすすめウィスキー

モルトウイスキーの種類|好みのウイスキーと出会うために

モルトウィスキー 種類

 

ウイスキーと一口に言っても、たくさんの種類があって、何がどう違うのかわからない面もありますよね。

ウンチクが無くても美味しく飲めますが、自分好みのウイスキーに出会いたいのなら、ざっくりと種類の違いを知っておいて損はありません。

 

ウイスキーは、スコッチ、アイリッシュといった、生産国による種類があります。

詳しくは下記の記事を参考にして下さい。

 

生産国は関係無く、ウイスキーの造り方からくる名称があります。

例えばウイスキーはまず、モルトウイスキーとグレーンウイスキーと大別できます。

 

そのモルトウイスキーの中で、さらに種類が分けられています。

なぜそうやって区別されるのか。

それがウイスキーの個性ともいうべき部分だからです。

というわけで、
モルトウイスキーの種類|好みのウイスキーと出会うために
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

モルトウイスキーの「モルト」って?

ウイスキーは麦やトウモロコシといった穀物から造られています。

「モルト」の意味は麦芽のことです。

モルトウイスキーは、

  • 原料が大麦麦芽のみ
  • 単式蒸留器(ポットスチル)で蒸留したもの

この条件を満たすものです。

ウイスキーの種類として呼ばれるときは、単にモルトとも言います。

 

単式蒸留器は、構造自体が原始的で、そのため古くから使われて続けています。

色々な香りや味などが残りやすく、それが個性となってウイスキーに表れます。

 

モルトウイスキーの対極的な存在が、グレーンウイスキーです。

小麦、大麦、トウモロコシなどの穀物が原料で、連続式蒸留器を使います。

個性は控えめ。割り材とも相性が良く、ハイボールやカクテルといった飲み方にも向いています。

 

モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたものは、ブレンデッドウイスキーと呼ばれます。

 

モルトウイスキーの種類は2つ

モルトウイスキーは、麦芽のみを使い、単式蒸留器で蒸留されたウイスキーです。

2種類に大別できます。

  1. シングルモルトウイスキー
  2. ブレンデッドモルトウイスキー/ヴァッテッドウイスキー

です。

この2つは、

  1. ひとつの蒸留所の原酒によるもの
  2. 複数の蒸留所の原酒によるもの

という違いがあります。

 

ウイスキーは蒸留後、樽に入れて熟成させます。

蒸留所は蒸留だけでなく、貯蔵もする場所。

寝かせることで、樽が持つ香りが移っていきます。

 

樽の香りだけでなく蒸留所がある気候も関係します。

例えば、海辺にあるなら潮風の匂いも移っていく。

 

それは蒸留所という単位ではなく、蒸留所にある樽ひとつひとつですら変わる。

そのためウイスキーの製造には、ブレンダーと呼ばれる人も関わります。

どの原酒を選び、どんな比率で混和させるのかという、レシピを考える人です。

 

複数の原酒を組み合わせ、ひとつのお酒として完成させる。

それがモルトウイスキーの面白さであり、魅力です。

 

スポンサーリンク

 

シングルモルトの特徴

ひとつの蒸留所から生まれるのが、シングルモルトウイスキーです。

他の蒸留所のモルト原酒と混ぜずに仕上げるので、「シングル」モルト。

蒸留所の個性が、ストレートに発揮されているのが特徴です。

ちなみにお店で飲むとき、シングルやダブルという頼み方をしますが、それとは別物です。

 

シングルモルトは蒸留所の顔です。

中でも、個性的なことで人気を博しているのが、ラガヴーリンです。

長々と語るよりも、公式サイトの一文を引用しましょう。

この強烈な個性を知らずしてシングルモルトを語れない

引用元:ラガヴーリン LAGAVULIN公式サイトより

メーカーの売り文句なんて、と思う人もいるでしょう。

ですが、ラガヴーリン16年は濃いレビューも多いので、ぜひご参考に。

 

よりツウ向けのシングルカスク

シングルモルトは、ひとつの蒸留所から生まれると先述しましたが、より厳密に言うと、

「1つの蒸留所」の「複数の樽の原酒を組み合わせた」ものです。

つまり、

  • 1つの蒸留所の
  • 1つの樽だけから取り出したものがある

ということ。

それがシングルカスクです。

「カスク=樽」と思って下さい。

ひとつの樽なら「シングル」カスクです。

 

2つの樽からつくられるなら、ダブルカスク。

「選んだ」という意味で「セレクトカスク」という使われ方もしますが、ひとつの樽からならば「シングルカスク」です。

 

樽の容量にもよりますが、それでもたったひとつの樽なので、ほぼ数量限定品になります。

当然、プレミア価格がついているものが多いです。

例えば、スコッチウイスキーの代表銘柄のひとつ、ザ・グレンリベット。

その12年のシングルモルトが2~3千円台で売られていることが多いのですが……。

『ザ・グレンリベット シングルカスク アルダンフ』だと4万円台です。

もちろん手に入りにくい銘柄であるほど、価格が高騰しています。

 

ブレンデッドモルトウイスキー(ヴァッテッドウイスキー)の特徴

複数の蒸留所の、モルト原酒同士をブレンドしたものです。

蒸留所自体が違うので、より複雑な味わいが期待できます。

個性が違う蒸留所のモルト原酒を、ブレンダーがどう扱っているのか。

そんな面も楽しめます。

 

世界的にはブレンデッドモルトの名称が一般的です。

ただし、モルト×グレーンの「ブレンデッドとは違う」、という意味でピュアモルトと呼称されていた時代もあります。

(スコッチウイスキー界では、現在ピュアモルトという呼称は規制されていますが、国際的な規制ではありません)

 

ブレンデッドモルトとして高い評価を受けているブランドは、日本にもあります。

ニッカウイスキーの竹鶴ピュアモルトです。

 

近年、人気が爆発的に高まり、現行商品ですらプレミア価格がつくものもあります。

ビギナーなら定番なものから飲んでみましょう。

シングルモルトとは違う味わいが待っていますよ!

>>>竹鶴の現行品4種類+終売品9種類|驚きのプレミア価格も!

 

まとめ

たかがウイスキーを飲むだけで、ウンチクが必要なのか、と思っちゃいますよね。

でも、「あ、ウイスキーって美味しい…!」

そう思えるものに出会ったとき、ウンチクを知っていればひとつの羅針盤となるのです。

ウイスキーはとても奥深い世界。

地図も持たないままで冒険に出るのは、あまりにも広大です。

だからこそ自分のコンパスを持って、あなた好みのウイスキーに出会って下さいね♪

-おすすめウィスキー
-,

Copyright© 超お酒が飲みたいッッ!! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.