人気の日本酒

清酒と日本酒の違いとは│秘密は酒造りの工程に・・・

投稿日:

清酒 日本酒 違い

 

清酒と日本酒。

この2つの違いをご存知ですか?

「え、同じ・・・?」と思う方が多いかもしれません。

 

日本酒は味や銘柄を楽しむものです。

しかしお酒にまつわる背景についても知識を深めていくと、よりいっそう味わい深くなるかもしれませんよ。

この記事では、清酒と日本酒の違い、味の種類や日本酒の作り方についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

清酒と日本酒の違い

まず気になるのは、清酒と日本酒はどう違うのか?

というところですが、結論から言うとこの2つはものは同じです。

 

なぜ呼ばれ方が違うのかと言えば、清酒は日本酒の製造工程での名称なのです。

ジュースやその他飲み物が、清涼飲料水と呼ばれるようなものです。

なので完全にイコールとは言えませんが、味や見た目は何も違いがありません。

 

日本酒とは

日本酒とは「米、麹、水を原料とし日本特有の製法から醸造されるお酒の総称」のことを言います。

そしてアルコール度数は22℃以下であることが条件です。

 

清酒とは

清酒は日本酒の製造工程での名称です。

製造過程で必ず「こす」工程を含みます。

原料が発酵した固形物を分別させることで、濁りのない澄んだ透明のお酒になります。

これが「清酒」なのです。

 

「こす」工程を行わないものを「どぶろく」と呼び、どぶろくは濁酒の分類になります。

清酒もどぶろくも日本酒の仲間、ということですね。

>>>どぶろぐ/甘酒/濁り酒の違い|白く濁ったお酒は日本酒なのか?

 

日本酒の作り方

ここでは日本酒の工程を分かりやすくご説明します。

どのように日本酒が造られていくのか、各工程を少しずつ掘り下げていきます。

 

精米・洗米

日本酒を作るためのお米というものが存在します。

美味しいお酒は米作りから始まるのですね。

代表的な酒米は、山田錦があります。

>>>日本酒の酒米と精米歩合の関係を分かりやすく解説

 

精米する前の米の表層部には、脂肪分やたんぱく質などが多く含まれています。

残っているとお酒の質に影響が出るので、削り落とす作業(精米)を行います。

そして精米したお米を洗米し、表面に残っている糖やゴミを取り除きます。

 

ちなみに削り取られた部分は、家畜の飼料などに活用されます。

 

侵漬

洗米後は、浸漬(しんせき)といって、タンクに移し水を吸水させます。

一定期間吸水させた後、水切りをします。

ちなみに吟醸酒などの高級品となると、秒単位での調節を行う酒蔵も。

強いこだわりによって、旨い日本酒が作られていくのです。

 

蒸米・放冷

水分を含んだ米を蒸すと外側は固く、内側だけがやわらかくなり、次の工程での麹菌が繁殖しやすくなります。

麹用・酒母用・掛米(もろみに使われるお米)にそれぞれ分けて、適した温度まで冷まします。

 

「一麹、二もと、三造り」と言われ、お酒の味を左右する最も重要な工程が麹造りです。

蒸したお米に麹の種をまき、麹菌を繁殖させます。

麹菌を高温の環境で繁殖させるため、職人さんも汗を流し、つきっきりで作業します。

完成までに2日間を要します。

 

スポンサーリンク

 

酒母

酒母は「もと」とも呼び、アルコールの発酵に必要な酵母を大量に培養するのが目的です。

まさにお酒の「元」になるものです。

 

蒸米・麹・水・酵母を混ぜて作ります。このとき、酵母を雑菌から守るために大量の乳酸が入れられます。

乳酸の入れ方は2通りあります。

  • 生もと・・・自然に発生した乳酸で時間をかけて作る方法
  • 速醸・・・・人口の乳酸を添加する方法

生もと作りは、7日~10日間で作る速醸作りの倍の日数を要します。

 

仕込み

酒母に、「蒸米(掛米)」、「麹」、「水」を投入し「もろみ」を作ります。もろみ作りは、初添、仲仕込、留仕込の三段階に分けて仕込みます。

米と麹で、米のでん粉が糖に変わります。酵母が糖を食べることでアルコールが生まれます。

アルコールをこの仕込みの段階で調節するのです。

 

絞り

もろみは白濁したドロドロの液体です。もろみを絞り、酒と粕に分けられます。

槽という昔ながらの絞り機を使用することもあるため「上槽」とも呼ばれます。

その他に袋吊りや、自働の絞り機を使用する方法もあります。

 

絞りに遠心分離機を使うという特殊なやり方もあります。

>>>獺祭14種類ランク&値段の違い|おすすめ人気「遠心分離」と最高級「磨きその先へ」とは

 

ろ過

ここではまだうっすらと濁った状態です。

不溶性のたんぱく質や、でん粉等を沈殿させる滓引き(おりびき)を行います。

ここで、こされたものが「清酒」と呼ばれる訳ですね!

 

火入・貯蔵・瓶詰め

瓶詰めにする前に、60℃前後にして殺菌します。

半年ほど寝かせてもう1度火入れを行い、いよいよ出荷されます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

日本酒の楽しみ方はたくさんあります。

四季を感じる、美味しいお料理と共に飲む。

お好みの飲み頃温度、どんなお猪口や器で飲むのか。

 

お酒は楽しく飲むもの。

あなたの「粋な飲み方」を見つけてみてくださいね。

-人気の日本酒
-, ,

Copyright© 超お酒が飲みたいッッ!! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.