日本酒まとめ

日本酒の甘口と辛口『味と作り方の違い』|見分け方がラベル以外に・・・

更新日:

日本酒 甘口 辛口 違い

 

日本酒って楽しいですよね~。

 

暑い夏にはキンキンの冷酒でキリッ!と。

春秋の過ごしやすい時などは常温やぬる燗でも、『日本酒そのものの味』がハッキリわかって楽しいですねぇ。

冬場は熱燗やひれ酒をキュッ!と。

 

燗酒の場合などは、特に甘味を強く感じるので、「甘口」よりも「辛口」で熱燗にする方が、燗酒には向いていたりしますよね。

・・・しかし、そもそも日本酒の「甘口」、「辛口」って、何が違うのかご存知ですか?

ということで、
日本酒の甘口と辛口『味と作り方の違い』|見分け方がラベル以外に・・・
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

甘口と辛口の違い

一言で言ってしまうと、文字通り『甘い』と『辛い』の違いです。

個人の趣向にもよりますが甘口の方が飲みやすく、その口当たり軽やかでフルーティな上品さは、女性にも親しまれていますね。

 

一方、辛口はと言えば、お酒を楽しむことは元より、そのキリッとした爽やかな味わいは、食事との相性が素晴らしいです。

刺身や馬刺しなど、特に日本料理との相性は抜群と言えるでしょう。

>>>馬刺しが旨過ぎて困る・・・

 

ただこれだけの説明だと少し寂しいので、甘口と辛口では、何がどう違って、味が異なるのかについて説明していきたいと思います。

 

日本酒の作り方

甘口、辛口の違いについて説明する前に、日本酒の製法について【簡単に】説明します。

真面目に説明すると、えげつないぐらい複雑な説明になってしまう&私自身、杜氏ではありませんから、正確に説明できるか不安なので『簡単に』でご了承ください。

 

日本酒はビールなどと同じく醸造酒という分類になります。

ウィスキーなんかは蒸留酒なので、日本酒はどちらかと言うとビールに近い作り方のお酒ですね。

>>>ウィスキーの作り方は?

 

日本酒は『米、麹、水』を主な原料としたお酒で、銘柄によっては清酒かすなどの複原料を用いたりもします。

酒税法ではアルコール度数が22%以下であると定められています。

このアルコール度数を超えると日本酒ではなく、リキュール扱いになりますす。

 

日本酒は、『米のデンプンをブドウ糖に分解する糖化』と、『糖をアルコールに分解するアルコール発酵』によって作られます。

ビールの場合は米ではなく大麦(麦芽)を使っているので、それがビールと日本酒の違いの一つです。

 

他にも違いはたくさんありますが、アルコールを製造する考え方としては、こうです。

原料のデンプン質→(分解)→糖→(分解)→アルコール→熟成

これは、日本酒もビールも共通しています。

 

しかし日本酒の場合、ビールなどの他の醸造酒と違って、糖化とアルコール発酵を同時に行う【並行複発酵】という独自の技術が使われています。

この技術によってビールよりも遥かに高い『アルコール度数』にすることを可能にしています。

 

察しのいい人は気づいていると思いますが・・・

デンプンの糖化によって出来た『糖』と、糖の分解によって出来た『アルコール』が、日本酒の甘辛度(甘口辛口の目安)を決める『大きなポイント』となっています。

 

スポンサーリンク

 

甘辛度を決める指標

日本酒の甘辛は、日本酒に含まれる、分解されなかった『糖』と『アルコール』の量によって【大体】決まります。

糖が多い程、甘口になりやすく、アルコールが多い程、辛口になりやすいと言えます。

 

『アルコールって辛いの?』と疑問に思われる方もいると思いますが、人の舌はアルコールを『辛い』と認識します。

そもそも人の舌には、『辛味』を感じる神経はありません。

人は舌に感じた痛みのような刺激を、辛味として認識していると言われています。

 

そしてアルコールは刺激性のある物質です。

アルコールが多いと舌への刺激が強くなり『辛い』と感じるようになります。

 

これに関してはテキーラやウォッカなど度数の高いお酒を想像してもらうと分かりやすいのではないでしょうか。

あまりに強過ぎるお酒を飲むと『辛くて痛い』でしょう?

度数50の美味すぎるバーボン『ワイルドターキー』はコチラ!

 

ちなみにアルコールと糖の量を表す指標として【日本酒度】とよばれる指標が使われます。

日本酒のパッケージに記載されていることも多いですが、+の値が大きいほど、アルコールの比率が大きくなっています。

 

「じゃあ、糖が多ければ甘口、アルコールか多ければ辛口、日本酒度を見れば甘辛がわかるんだ!」と思った、そこの貴方!

実は日本酒の甘辛を決めるのはそれだけではありません。

 

甘辛度は、日本酒度で『大体』決まるだけです。

甘辛を決める指標には【酸度】と呼ばれる酸っぱさもあるのです。

 

ただ酸度に関しては、甘辛度にも影響を与えますが、どちらかというと濃淡度に影響を与えます。

淡麗や芳醇/濃醇といった謳い文句を聞いたことはありませんか?

この謳い文句の根拠になっているのが濃淡度と呼ばれるものです。

 

ちなみに淡麗ほど、すっきり、さっぱりな飲み口。

濃醇ほど味が濃く、重厚な飲み口です。

日本ビールなどは淡麗って言葉がピッタリで商標にもなっていたりしますよね!

>>>日本ビールメーカーランキングまとめ

 

日本酒の甘辛度はこれら【日本酒度と酸度】によって決まります。

 

物理的に甘口と辛口を見分ける方法

非常にざっくりとした見分け方ですが、日本酒の甘口と辛口は自宅でも簡単に評価できます。

正確には、評価できるのは【日本酒度】ですけどね。

 

日本酒度とは、日本酒の比重によって決まります。比重とは密度とも言われることもありますが、単位体積あたりの重量のことです。

「えっ、何?」という人は、ざっくり、重さの指標と思って下さい(笑)

 

日本酒の比重は、含まれるアルコールと糖の量によって決まります。

砂糖を溶かした水、すなわち砂糖水は水よりも比重が大きく(重く)なります。

一方、アルコールを溶かした水は比重が小さく(軽く)なります。

 

その為、アルコール量が大きい(糖が少ない)日本酒ほど、比重が小さくなる傾向にあります。

日本酒度とは『水に比べてどれだけ比重が大きい(小さい)かの指標』です。

 

では、どうやって自宅で日本酒度を評価するのかというと・・・

 

透明なコップに水を入れ、そこに日本酒を少しだけ垂らします。

そうすると日本酒と水は混ざりますが、よく見ると・・・

垂らした日本酒が水と混ざる様子が、もあっとした『ゆらぎ』で見えます。

 

この『ゆらぎ』がコップの底の方まで落ちて、拡散する(水と混ざる)場合【日本酒の比重が大きい=糖が多い】ということです。

反対に、液面に向かって『ゆらぎ』が広がる場合【日本酒の比重が小さい=アルコールが多い】ということになります。

 

この方法はあくまで酸度を無視した評価方法ですし、かつ『ラベルを見た方が早い!』と言いたくなる方法ですが、覚えておいて損はない知識です。

何故かというと、合コンや女の子と飲みに行った時の小ネタとして非常に使えるネタだからです(笑)

 

あまりうんちくばかりをクドクドと語っては逆効果ですが、さらっと披露するとスマートですよ♪

あっ、でも実戦で実践する前に一度は練習しときましょうね。

スムーズに出来なければ逆効果ですから(笑)

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ややこしいことを色々書きましたが、実は日本酒の『甘い辛い』というのは、結局は個人によって変わってしまいます。

人の味覚は十人十色ですからねぇ。

 

私は甘口も辛口も、シチュエーションによって楽しめば良いのでは、と思っています。

まだまだお酒について疎かった頃には、「かっら!!!」と言って、辛口は全然飲めませんでしたw

「甘口飲みやす~い♡」なんて、今にして思えば女子かッッ!!と思えるような感じでしたね^^;

(無論、今でも甘口だって好きですけどね)

 

しかし、現在では、超辛い日本酒『ど辛』なども楽しむことが出来るようになりました。

あのガツンと感じるフレーバーは病み付きになるものがあります。

 

流通が少ないので飲み屋にはあまり置いていないのが難点か・・・

また通販で買っちゃおうかしら。

>>>ど辛【超辛口】の日本酒が飲みたい時はコレしかない!!『白瀑山本合名会社の送る自信作!!』

-日本酒まとめ
-, , ,

Copyright© お酒が飲みたいッッ!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.