日本酒まとめ 焼酎まとめ

美味しい和酒の魅力『日本酒&焼酎』を楽しむコツ!!

更新日:

和酒 魅力 日本酒 焼酎 美味しい

「あまりお酒を飲んだことがない」
「飲み始めたばかり」

そんな人にとってカクテルやサワー/酎ハイは、気張らずに飲めるお酒です。
反対に、日本酒や焼酎はどうも敷居を高く感じたり、どの銘柄が良いのかわからない!!となってしまうことが多いですよね。

ただ・・・日本が誇る和酒『日本酒&焼酎』は、『筆舌に尽くしがたい奥深さと魅力』を兼ね備えているんです。

誉れ高い日本のお酒。
この楽しさに一歩踏み込んでしまうと、抜け出られないほどの楽しみが、ソコにはあるのです。

 

私も色々なお酒を飲んできましたが、最終的に麦焼酎に落ち着きました。

まだ味わい方を知らない、分からない、という方は是非、一度お試しいただきたいものです。

ということで、
美味しい和酒の魅力『日本酒&焼酎』を楽しむコツ!!
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

和酒が嫌われる理由とは?

米を原料とするのが日本酒で、焼酎の原料はある意味なんでもありです。
焼酎には米焼酎もありますし、芋、麦はスタンダードで、栗やゴマなどもあります。

大きな分類としては、日本酒はビールなどと同じ分類である『醸造酒』。
焼酎はウィスキーなどと同じ『蒸留酒』として作られています。

 

日本酒や焼酎は、ビールやカクテルなどと異なり、どうにも初心者には受け入れがたい壁があるように思えます。

  • 度数が強い
  • 匂いがツンとする
  • そもそも美味しくない

やはり、この辺が原因かもしれません。

樽酒やお祝いの一口などで初めて飲むと、そんな印象を持ってしまうのかも。。。

確かに、ズバリ言うと「安いお酒は美味しくない」です。

樽酒や、ワンカップのお酒、葬儀で出るお酒ですね。
(コレが好きな人もいますけどね^^;)

大勢に振る舞われるお酒は、いわゆる「儀式」の演出を占めている部分が強い為、「味の追求」はなされていないんですよね。
(もちろん高級なお酒が使われることもありますが)

 

また、ツマミや料理がない場で急に飲むのも、美味しさを感じられない一因だと思います。

 

ホントの日本酒は『美味しいお酒』

今ではチェーン店の居酒屋であってもメジャーなお酒を扱っていますね。
ちょっと良いお値段の和食屋さんに行くと、さらに様々な日本酒が揃っています。

ですが・・・逆に色々ありすぎてわからなくなることもありますね(笑)

 

そんな中で私が日本酒を好きになったきっかけは『久保田』でした。

知名度もさることながら久保田のお味はスッキリとした日本酒らしさを感じさせる味で、「あ、日本酒ってこんなに美味しい物だったんだ!」と、私を気付かせてくれたお酒です。

久保田も『碧寿』や『萬寿』は、お値段的に敷居が高過ぎますが・・・
『百寿』『千寿』でも比較的手が出しやすいお値段で日本酒の魅力がわかるお酒だと思います。

 

日本酒は米が原料なだけに、お米元来の甘味が楽しめるお酒です。

ご飯をよく噛むと甘くなってきますよね?
あの甘みをダイレクトに楽しむことが出来るのが『日本酒というお酒』なのです。

 

さらに区分けすると甘口、辛口といった区分もありますが、結構難しいので今回は割愛します(笑)

詳しく知りたい方はコチラの記事からどうぞ!

日本酒【甘口VS辛口】味の違いや分類ポイントはドコにある?

 

初めて飲む場合はオーソドックスな「冷や」から始めると良さそうです。
熱燗も楽しい飲み方ですが、味はまろやかになる反面、その香りは非常に強くなりますからね。

「酒臭ッ!!」となりかねません(笑)

 

加えて料理との相性もあります。
お酒を単体で楽しむ場合と、食べ物と一緒に楽しむ場合で、お酒の美味しさが変わってくるのも醍醐味です。

日本酒に合う!!【最高のおつまみ】ランキングまとめ!!

 

日本酒を好きになると、色んな酒蔵のものを試してみたくなったりもします。
お店や通販セットでは飲み比べが可能な商品もありますので楽しいですね。

 

スポンサーリンク

 

辛口が好きなら焼酎をオススメしたい

焼酎には韓国焼酎などもありますが、やはり日本の焼酎が一番楽しいですね。

芋・麦・そば・米など原料を変えることで、ガラリと顔を変え、かつ素材となった原料の豊かな風味を楽しむことが出来ます。

これだけ多種多様な原料を使うお酒も少ないことでしょう。

 

飲み方も様々で、スタンダードな水割り、お湯割り、ロック、ソーダなど楽しみ方は千差万別です。

焼酎の前割りが美味しい!!『作り方/おすすめの飲み方』まとめ

焼酎おすすめ飲み方まとめ『初心者でも安心して飲める割り方は?』

 

焼酎の中でも抜きんでて香り高いのは芋焼酎。
私も初めて口にした時は仰天しました。

【圧倒的いも感】

芳醇なイモの香りが口いっぱいに広がり、鼻から抜けていく。
コレを覚えてしまうと「他のお酒を飲めない!!」とまでハマってしまう人も。

中でも『黒霧島』などは焼酎初心者の方でも非常に飲みやすく、かつリーズナブルなので試してみるには丁度よいかも知れません。

 

私の友人でも「いやいや、お前もっと上等な酒買えるじゃん!!」というヤツも(笑)
中居正広が愛する「いいちこ」的存在なのでしょうね(笑)

それだけ愛される魅力があるのが『黒霧島』だということです。

グレードが上の物に『赤霧島』『金霧島』なども存在します。

 

芋で最上級グレードと言えば3M。
『森伊蔵』『魔王』『村尾』ですね。
流通が少なく、プレミア価格がついてしまっていますので飲める機会は非常に少ないのが残念ですが(泣)

プレミア焼酎3Mとは【実際に飲んでみた】感想&価格まとめ

 

そば焼酎はCMでおなじみの『雲海』が、とば口としては手頃です。
そば焼酎特有の香りは好みにもよりますが、後味はさっぱりしています。

雲海が気に入ったなら、そのパワーアップ版とも言える『吉兆雲海』もありますね。

 

日本酒が好きな人は米焼酎を試してみると、日本酒と焼酎の違いがわかるかと思います。
私も日本酒から米焼酎に移った時、両方の良さを実感しました。

 

しかしながら・・・
一番気に入っているのは、やはり麦焼酎。

理由は『色んな料理に合う』という至極シンプルな理由です。

極端なイメージとしては煮出した麦茶の様な『素朴な風味』が近いかもしれません。
香ばしいほのかな香りと、すっきり感が特徴です。

甘味もありますが、芋と比べるとだいぶ控えめです。
麦焼酎もたくさん種類がありますが『知心剣』(しらしんけん)などは値段と手に入りやすさでオススメです。

まろやかさではなく、きりっとした飲み口で、飲み飽きない風味です。
公式サイトでは水割りを推していますが、ロックも良いですね。

 

一風変わったところでは『百年の孤独』という焼酎があり、強引に説明するとウィスキーに似た製法を取っています。
値段もさることながら、まず手に入らないだろう一品です。

一度だけ瓶ごと頂いたことがあるのですが・・・・

製法だけではなく、お味も度数もウィスキーのようでしたw

あの頃は、お酒に対しての造詣が浅かったので、「うわ!濃っ!!焼酎かよ、コレ!?」くらいにしか思えなかったのが残念です・・・
今一度楽しんでみたいものですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

メジャーどころばかりを挙げてきましたが、知名度があるお酒の利点は、飲み屋さんに置いてあることが比較的多いからです。

「少し試しに飲んでみたい!」と思っても、酒屋さんで一升瓶や四合瓶を買うのは勇気が要りますよね。
まして「口に合わなかった・・・」なんてなってしまっては散々です。

一合、グラス1杯、そこから自分の好みに合うお酒を探していくのも楽しさでしょう。

 

日本酒や焼酎は「オッサン臭い」「酒豪っぽい」というイメージが根強いですが、一方でお酒をスマートに飲んでいる人は美味しいお店も知っています。

そんな人と飲み仲間になると、知らなかったお酒や料理に巡り合えるところも醍醐味の一つですね。

-日本酒まとめ, 焼酎まとめ
-, , , ,

Copyright© お酒が飲みたいッッ!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.