辛子明太子まとめ

たらこと明太子と辛子明太子の違い|由来から考える本当の意味

更新日:

明太子 辛子明太子 たらこ 違い

 

ぷりっと美味しいたらこや辛子明太子。

あなたはたらこの事をどれぐらい知っていますか?

 

さて、ここで問題です。

「たらこと明太子と辛子明太子の違いを答えよ」

はっきりと即答できる方は少ないのでは?

実はそれぞれ意味が全く違うのです。

今回は、
たらこと明太子と辛子明太子の違い|由来から考える本当の意味
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

たらこと明太子と辛子明太子の違い

本来の意味ではこうなります。

  • たらこ:塩漬けのスケトウダラの卵
  • 明太子:たらこと同じ
  • 辛子明太子:たらこを塩漬けではなく辛子で漬けたもの

多くの人は「たらこ」を辛子で漬けたものを、明太子もしくは辛子明太子と呼んでいます。

が、本来の意味からいくと明太子と辛子明太子は全くの別物です。

そして実は、たらこと明太子が同じものです。

 

辛子明太子の本場、福岡(や一部西日本)ではタラコのことを明太子と呼んでいます。

これが本当の意味です。

 

たらこはスケトウダラの卵巣を塩漬けにしたものです。

そのため、昔は「鱈の子」と呼ばれていました。

それが縮まって近年ではタラコと呼ばれるようになりました。

 

一方、明太子の語源はというと、朝鮮語でスケトウダラを意味する「ミョンテ(明太)」の卵巣だから明太子という呼ばれるようになったのが始まりです。

つまりタラコも明太子も本来は同じものを意味しているのです。

 

では、なぜ福岡だけ本来の意味で明太子という名称を使っているのかというと、それは辛子明太子誕生の歴史が大きく関わっていると考えられます。

 

スポンサーリンク

 

辛子明太子誕生の歴史

辛子明太子は福岡にある「ふくや」が発祥と言われています。

今でも「ふくや」は辛子明太子のお店として有名ですね。

>>>《公式》味の明太子ふくや

辛子明太子の開発は、ふくやの川原俊夫さんが釜山に行った時に食べた明卵漬という料理に感銘を受けたことに端を発します。

日本に帰国したのち、記憶を頼りに作ったのだそうです。

 

辛子で漬けたミョンテの卵巣ということで、辛子明太子という名称になったのです。

博多を中心に辛子明太子が広まったことをきっかけに、福岡では「鱈の子」よりも「明太子」が一般的な名称として広まりました。

 

一方、すでに「タラコ(鱈の子)」が浸透していた東日本。

西から誕生した「辛子明太子」という食べ物について、その語源もわからないまま名称が広まったため、辛子明太子の略称として「明太子」が使われるようになったと考えられます。

 

ちなみに、辛子明太子の発祥に関しては博多発祥説以外にも諸説あるので、他の説に関しても簡単に説明します。

  • 博多発祥説。
  • 明卵漬が元になっているため、朝鮮半島が発祥とする説。
  • 現在の辛子明太子が産まれる以前から、明卵漬を輸入し販売していた下関が発祥とする説。

現在、主流な辛子明太子の作り方は、博多発祥の作り方に準じています。

なので個人的には、辛子明太子の発祥は「博多」だと思っています。

朝鮮半島の明卵漬が、辛子明太子のルーツかもしれませんが、私たちが知っている辛子明太子はやはり博多発祥です。

 

ちなみに朝鮮半島の明卵漬を作ったのも日本人です。

当時、釜山は日本領であったため、日本人が釜山で店を開きました。

 

それぞれの価格

辛子明太子とタラコ(明太子)の価格はと言うと、どちらも同程度の値段で売られているケースが多いですね。

同じ値段なら私は断然、辛子明太子を買いますが、小さなお子さんがいる家庭の場合はタラコの方が人気ですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

  • たらこと明太子は同じもの
  • 辛子明太子と明太子は別物

本来の意味合いとしてはこうなるということです。

まぁ現在、多くの場合において明太子と辛子明太子は同じ意味で使われていますけどね。

 

ちなみに一部地域(北陸)では『たらこ』のことを、タラコや明太子でもなく「紅葉子(もみじこ)」と呼ぶようです。

なんか古風な女性の名前か源氏名みたいですね(笑)

>>>辛子明太子おすすめ通販ランキング|博多お取り寄せ人気NO.1は!?

-辛子明太子まとめ
-, , ,

Copyright© お酒が飲みたいッッ!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.