辛子明太子まとめ

辛子明太子のカロリーや健康効果は?【プリン体より怖い】成分が・・・

更新日:

明太子 栄養 カロリー

 

「辛子明太子さえあれば、ご飯何杯でも食べられる!」という人は多いのではないでしょうか?
かくいう私もその一人です。

 

しかし『明太子やタラコを食べ過ぎると【痛風】になる』なんて話もよく耳にします。

怖いですよね、痛風。
30歳越えると怖くなるのは、痛風と嫁さんぐらいです(苦笑)

本当に辛子明太子は痛風と因果関係があるのでしょうか?
健康への影響は如何なものなのでしょうか?
注目してみたいと思います!

ということで、
辛子明太子のカロリーや健康効果は?【プリン体より怖い】成分が・・・
をお送りします。

 



 

魚卵にはプリン体が多い?

冒頭にも述べましたが、明太子のような【魚卵】には、痛風の原因となる【プリン体】が多く含まれていて、痛風の原因になるという話をよく耳にします。

プリン体は様々な栄養成分の総称で、プリン環という化学構造を持った物質が、プリン体と呼ばれています。

そして正確にはプリン体が痛風の原因になるわけではなく、プリン体が体内で分解されできる【尿酸が痛風の原因】となります。

 

食材のプリン体量は、その食材に含まれる細胞の数に多いほど多くなります。
例えばイクラ一粒と鶏卵一つに含まれるプリン体量は同程度と言われています。
これは、それぞれ一つの細胞とみなすことが出来るからです。

さらに言うと、プリン体は細胞の中でも特に『細胞分裂が盛んな部位に多く含まれる』と言われています。

 

生物においてもっとも細胞分裂が盛んに行われるのは、生命誕生までの間です。
例えば卵や卵子自体は一つの細胞ですが、生命誕生までの間に何万兆、何十万兆という数まで細胞分裂を繰り返します。
爆発的なスピードです。

そのため細胞分裂が盛んな『卵』にはプリン体が特に多く、明太子やイクラのような魚卵はその小さな卵を一度に沢山食べるから『プリン体過剰摂取してしまう』と言われています。

 

しかし、あくまでそう言われているだけで、健康体の人はそこまで気にする必要はありません。

何故かと言うと実際のところ、魚卵に含まれるプリン体量は特別多いわけではないからです。

例えば明太子100gあたりのプリン体量は159mgですが、健康食の代表格である鶏ささみは154mgで、そのプリン体量は【明太子とほぼ一緒】です。
魚卵である明太子が特別多い訳ではないのです。

 

『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』では、食材100g当たりのプリン体量によって、以下のように区分しています。

  • 300mg以上 プリン体が極めて多い食材
  • 200~300mg プリン体が多い食材
  • 100mg以下 プリン体量が少ない食材

この区分で見ると、辛子明太子のプリン体含有量は、決して多いわけではなく【普通】ということがわかります。

(痛風などの健康上の問題がある人の食事療法として、一日に摂取するプリン体量の目安を400mgとしているので、そういった人にとっては明太子のプリン体量も、決して少ないものでもありませんが、、、)

 



 

カロリーや栄養は?

プリン体については特別多い訳ではないことがわかったので、カロリーや栄養素について見ていきましょう。

辛子明太子のカロリーや栄養成分を、同じくご飯のお供として人気の【納豆】と比較してみます。
納豆と言えば【ダイエット食】としてもたびたび取り上げられる食材ですが、果たして辛子明太子は納豆に勝てるのか?!

辛子明太子100g

  • カロリー126kcal
  • タンパク質21mg
  • 脂質3.3mg
  • 炭水化物3mg

納豆100g

  • カロリー200kcal
  • タンパク質16.5g
  • 脂質10g
  • 炭水化物12.1g

カロリーと三大栄養素で比較すると、明太子は納豆よりも低カロリー/高タンパク/低脂質で、全ての栄養素において健康的な食べ物に思えます。

唯一、炭水化物が少なく負けていますが、納豆や明太子を食べる際は、炭水化物の塊【ご飯】と一緒に食べることがほとんどだと思うので、明太子の方が健康的で、ご飯のお供としては理想的な食材です!

 

、、、と言いたいところですが、実は大きな落とし穴があります。

それはズバリ【塩分】

納豆100gあたりナトリウム量は1mgであるのに対して、明太子は2200mg

ゆうに2000倍超えの高塩分です(汗)

一食に食べる量にもよりますが、高塩分な明太子を食べ過ぎるのは、流石に不健康と言わざる得ません。

 

塩分は怖いけど有用な栄養素も含んでいる

辛子めんたいこに含まれる栄養素の中で特徴的なものとして、DHAやEPAなどがあります。
どちらも魚に多く含まれている栄養で、明太子にもたくさん含まれています。

DHAの効果は脳の活性化を促し、EPAには悪玉コレステロールの減少させる働きがあると言われています。
魚を食べると頭が良くなると言われているのはDHAの効果です。

 

まとめ

明太子=プリン体=痛風という考え方が世間では広まっていますが、辛子明太子を食べるときに、気にすべきは、プリン体よりもむしろ塩分です。

明太子を食べる際には他のメニューの塩分を控えるなどの注意をしましょう。

しかし、何でこうも美味いものは不健康要素が付きまとうのか・・・(笑)
塩分を気にせず、思い切り食べ尽くしてみたいものですね。

 

合わせてチェック!

↓↓↓

明太子 通販 おすすめ 人気 ランキング
辛子明太子お取り寄せ人気通販ランキング|本場福岡おすすめNO.1は!?

  辛子明太子、美味しいですよねぇ。。。 鮮度の良いものは『プリッ』と ...

明太子 訳あり 安い 通販 ランキング
安い!訳あり明太子通販ランキングまとめ

  とても美味しい明太子。 でも明太子って、そこそこするんですよね、お ...

 



-辛子明太子まとめ
-, ,

Copyright© お酒が飲みたいッッ!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.