その他のお酒まとめ

お酒に強くなる【禁断】の方法まとめ『無理はしない方が良いと思うケド・・・』

更新日:

お酒 強くなる方法

 

お酒、社会で生きていると飲む機会っていっぱいありますよね。
冠婚葬祭、新年会や花見に忘年会と季節ごとの飲み会など。

お酒は、さすが「人類の友」と言われるだけあって、人間社会と切っても切れないほど密接な関係ですね。

 

しかし、ここで困るのが下戸の方だったり、あまりお酒に強くない方。

こういった方の中には、「自分も飲めるようになって、あの輪に入りたい・・・!!」と野望を抱くかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

実際には、「お酒に強くなる方法」なんてあるのでしょうか。
考えていきましょう。

ということで、
お酒に強くなる【禁断】の方法まとめ『無理はしない方が良いと思うケド・・・』
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

『お酒を鍛えるコト』について基本的には推奨しません

見出しの通りですが、のん兵衛である私から言わせれば、『お酒を鍛えて飲めるようにする』なんて事は【絶対にヤメた方が良い】話です。

なんでって?
だって、お酒って確かに楽しいですけど・・・

それ以上にデメリットが多過ぎるんですよ。

  • 健康への悪影響
  • 金銭的な負担
  • ケガ・事件・事故の可能性
  • etc

ざっと挙げただけでも、これだけのデメリットがあるんですよ。

 

昔と違って『飲みにケーション』というのは減ってきましたし、『下戸に対しても寛容な世の中』になってきました。

無理にお酒に強くなる必要性は減ってきたんじゃないかな、と前提に置いておきますね。

それでも強くなりたい方は以下からどうぞ。

 

お酒に強くなる方法まとめ

お酒に強くなる方法をお伝えする前に

初めに。

「誰でもお酒に強くなれますか?」

この質問に対する答えは・・・・

NO!!!!

誰でもは無理です。
体質でまるっきりダメな人っていますから。

私の友人でも1口2口で『真っ赤→真っ青→頭痛』になってしまうヤツを数名知っています。

遺伝的に、体質的に、『下戸の方は無理して飲むと命に関わってきます』

こういった方は土台『お酒に強くなることなどは出来ない』ということを理解しておきましょう。

 

そうではなくて「2、3杯でベロベロになっちゃうんです~」と、こんな方ですね。
こんな方だったら、色々と試していけば、お酒に強くなることは可能なのではないかと思います。

前提として、完璧に下戸な人は除外した上で、お酒に強くなる方法をご紹介していきましょう。

 

空きっ腹をやめる

『真の酒飲み』はこう言います。
(=酒で健康を害して逝ってしまった先人たちの言葉です)

「本当に酒が旨いのは、酒を味わう時は、食い物なんていらないんだよ」と。

そう、食い物を食べずに、ダイレクトにお酒を味わうと、正に『五臓六腑にしみわたる』んですよ。

 

これについては私も同意できるところも・・・

精一杯働いて、めちゃくちゃお腹が空いた時に、メシよりも前にビールを行った時の美味さと言ったらありません。

 

また食後でも、あらかた時間が経った後に飲む日本酒やウィスキーなどは、グググッと腹の底から熱くさせてくれます。

コレ、食中/食後だと味わえない感覚ですからね。

要はどういうことかと言えば、酒飲みに言わしめて「空腹時の酒は効く」ってことです。
反対の事をすれば良いのです。

『ちゃんと食事をしてから飲む』んです。
そうすることで、酔い方は全然異なってきますよ。

 

・・・まぁお酒の楽しみ方としては、若干間違っているのかもしれませんが。

 

ペースを守る

飲み会などだと、ついつい話も弾み、お酒のペースも早くなってしまいます。

そこをぐっと抑え、ちびちびとやれば、トータル的に多くの量を飲めるでしょう。
時間をかけてやれば、飲みながら分解もされていきますからね。

 

水分を摂る

飲む前に水分を。
飲んでいる間にも水分を。
飲んだ後にも水分を。

なぜか?
それはアルコールの分解には水分が必要だからです。

「え?お酒は水分では・・・?」

いえいえ、お酒は体内においては水分とみなされないのです。
上記したように、アルコールの分解に水分が使用され、さらに利尿作用も強められてしまいます。

お酒によって水分を摂っているようですが、その実は、まるで逆で、お酒を飲むにつれ、体内からはドンドンと水分を失っていっているのです。

 

ですから、お酒を飲む際には、水分量に注意して飲むようにしましょう。

飲みながらソフトドリンクや水を飲むのもよいかも知れませんね。

「ちょっとウーロン茶で休憩!」

飲み会の中盤では大いに有効な手段なのですよ。
(飲む相手と場所を選びますが(笑))

 

スポンサーリンク

 

毎日お酒を飲む!

これ、ねぇ~。
推奨したくはないんですけどねぇ~。

だって、『アルコール依存症になれ』って言っているようなものですしねぇ~。

 

でも、確かに有効的ではあるんですけどねぇ。

飲んでれば、肝臓の分解能力は上がりますし、脳もマヒってくるので強くなった感じがしてきます。

しかし、その代償を良く考えてから実行してくださいね。

 

ドーピングをする!!

一番手っ取り早いのがコレじゃないでしょうか?
肝機能アップの商品はいっぱい発売されていますから、それらに頼ってみましょう。

ドリンクタイプも多く売っていますが、私のお気に入りはコレですね。

錠剤タイプで、飲む前にも、飲んだ後にも有効です。
お酒関係なく、肉体疲労・滋養強壮にも効果があるとされています。

・・・効果の分、お値段も張りますが(笑)

 

スポンサーリンク

 

まとめ

のん兵衛である私からすれば・・・
『お酒に強くなりたい』などという願いは、絶対にやめた方が良い願いだと思うのですが・・・

人付き合い上、どうしても必要な方は、上記した方法を併用して、多少なりとも鍛えられると良いかも知れませんね。

 

酔いやすい理由があった?

↓↓↓↓

醸造アルコールとは 悪酔い
醸造アルコールとは【悪酔いの原因】・・・はウソ?

  あなたは「醸造アルコール」という言葉を聞いたことありますか? 酒造 ...

ワイン 酸化防止剤 影響 無添加
ワイン【酸化防止剤が起こす影響】は?無添加ワインこそ正義なのか

  「ワインが飲みたいな~」と店頭のワインコーナーに行くと、毎回驚くの ...

 

それでも、どうしても『お酒に強くなりたい!!!』と強く願う人への禁断の方法はコチラ。
↓↓↓↓

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意

-その他のお酒まとめ
-, ,

Copyright© お酒が飲みたいッッ!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.