その他のお酒まとめ

タカラカップ焼酎【衝撃のお味】お手頃価格なカップ酒の実力やいかに!!

更新日:

タカラカップ カップ酒 焼酎 味 価格

 

皆さんは普段、どんなお酒を飲んでいますか?

ビール?
酎ハイ?
焼酎?
ワイン?

最近では色々なお酒がどこでも入手しやすくなっていますよね。

 

私が普段、自宅で飲むのは、ビール(新ジャンル)か焼酎が多いです。
そして焼酎を飲むときによく買っているのは【タカラワンカップ】。

※正確にはワンカップではないのですが・・・
本物のワンカップはコチラ。
安酒の象徴とも言えるこのお酒。

スーパーなどの焼酎売り場には必ずと言っていいほど置いてある商品なので、目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

このタカラカップは『少量』かつ、『非常にお手頃な値段』で販売されており・・・

「大容量のボトルやパックを買っても飲みきれないかも・・・?」という人にも、とっつきやすい商品となっています。

 

そんな宝カップに注目したいと思います。

ということで、
タカラカップ焼酎【衝撃のお味】お手頃価格なカップ酒の実力やいかに!!
についてお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

タカラワンカップとは

  • 種類:甲類焼酎
  • アルコール度数:20度/25度/35度
  • 容量:220mL/
  • メーカー希望小売価格:173円/193円/217円(税抜き)

容量に関しては、同内容物で4Lまでの大容量タイプもありますが、一般的にタカラカップの名称を冠しているものは220mLのものとなります。

箱買いするよりは、大容量タイプを購入するほうが若干お得ですね。

 

ちなみにメーカー小売希望価格よりもAmazonのほうが安い場合もあるので、購入する際はネット購入のほうがお得かもしれません。

 

甲種焼酎とは

一般的に出回っている焼酎は大きく分けて、【甲類・乙類】に分類することができます。

この甲乙の分類ですが、作り方がそれぞれに異なるのですね。

 

乙類の場合、芋、麦などの原料にし発酵して単式蒸溜して作る焼酎で【本格焼酎】と呼ばれるます。

芋焼酎や麦焼酎と呼ばれるものの多くは、乙類焼酎になります。

 

一方、甲類の場合、『高濃度のアルコールに水を加えて薄めたもの』です。

なんとも安っぽい響きですが・・・(笑)

高濃度のアルコールを得るために、何度も蒸溜を繰り返す連続式蒸溜という方法がとられており、蒸溜を繰り返すうちに原料の風味が失われ、純粋にアルコールのみの味で、乙類に比べて特徴の少ない味わいになっています。

 

スポンサーリンク

 

気になるタカラカップの味は?

あくまで個人的な感想です。

ずばり不味い!(笑)

あくまで個人的な感想ですよ、個人的な(笑)

なんというか、『味わいの少ない粗悪な酒』という印象です。

 

タカラカップは甲類焼酎なので、原料の風味がなく、純粋にアルコールと水だけなので、アルコールの味しかしません。
飲んでいてツライと感じることばかりです(笑)

 

そんな私ですが、実はタカラカップを【愛飲】しています。

「は?なに、マゾなの?」

いえいえw
そういう訳ではないのですが・・・

 

毎日とは言いませんが、年間でいうと数十本は購入しています。
下手したら、自宅で飲むのはタカラカップが一番多いのではないかなというぐらいです。

 

では何故、マズイと感じるタカラカップを愛飲しているのかというと【飲み過ぎ予防のため】です(ドン)

 

ほぼ毎日晩酌をしたくなるのですが、お酒の飲み過ぎで翌日、二日酔いということも少なくないので、あえて飲みにくいタカラカップを選ぶことで、飲み過ぎ予防をしているのです!(笑)

 

そんなタカラカップのおすすめ(?)の飲み方を紹介します。

 

おすすめの飲み方

ロック・オン・ザ・アイス

いわゆる焼酎ロックです。

ロックグラスに氷を入れてタカラカップを容量の半分ぐらい入れると、ちょうどいい量の焼酎ロックの出来上がりです。

つまりタカラカップ1本でロック2杯分というわけです。

 

ちびちびと「やっぱりまずいなぁ」と確かめながら、ゆっくり時間をかけて飲みながら、だいたい1杯飲み終わるころには「もういらね!!」となっています(笑)

私の場合は飲み過ぎ予防なので、この飲み方が一番効果的なんですね。

 

○○割り

上記、ロックの飲み方はあくまで飲み過ぎ防止のための飲み方で、美味しくはないです。

 

けどタカラカップも割ってやることで、飲みやすくなります。

では何で割るのかというと、私のおすすめは『サイダー』です。

タカラカップは甲類のため、原料の風味がなく味わいが少ない一方で、別の飲み物で割った際に、風味が邪魔をしないという特徴があります。

そのため、サイダーなどのジュースで割った際もサイダーの味わいを損なうことなく美味しい酎ハイが出来上がるのです。

 

同様の理由で、料理に焼酎を使う場合にもタカラカップのような甲類焼酎はおすすめです。

例えば角煮などを作るときにはレシピに焼酎を用いるものを多く見かけますよね。

タカラカップを使えば、余計な風味で料理の邪魔をせずに、臭みをとったり、肉を柔らかくしたりすることが出来ます。

 

ちなみに水割りで飲むのも飲みやすいですが、『お湯割りは厳禁』です。
アルコールの匂いだけが強くたつので、より飲みにくくなってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「不味いなら買わない」と思った方もいるかもしれませんが、あくまで私の個人的な感想なので、怖いもの見たさで一度試してみてはいかがでしょうか?

値段もお手頃ですよ^^

 

ちなみに知人も『タカラカップは不味くて飲みにくい』とは言っていて、半分で飲むのを断念したようです。

1本で2日楽しめるなんて、とっても経済的なお酒だとおもいませんか?(笑)

-その他のお酒まとめ
-, , , ,

Copyright© お酒が飲みたいッッ!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.