おすすめウィスキー

世界五大ウィスキー全種類まとめ|味の特徴と代表銘柄はコレ!

5大ウィスキー 違い 特徴

 

5大産地から生産されるウィスキーのことを『5大ウィスキー』と呼びます。

ウィスキーの主要生産国は、たったの5か国しかないことから、こう呼ばれています。

それぞれ特徴や味の違いが存在します。

順に見ていきましょう!

 

 

5大ウィスキーの産地とは

5つの国と種類とは、

  1. アイルランド:アイリッシュ
  2. イギリス:スコッチ
  3. アメリカ:アメリカン
  4. カナダ:カナディアン
  5. 日本:ジャパニーズ

以上の5つになります。

ウィスキーに馴染のない方からすれば意外かもしれませんが、日本は世界的に見ても有名なウィスキー生産国なのです。

日本国民としては、ちょっと誇らしいですよね。

 

1.アイリッシュの味や特徴

アイリッシュの特徴は、全般的に軽やかな風味と穏やかな印象です。

ウィスキー初心者向けといえるでしょう。

 

ちなみに【歴史的には最古のウィスキー】と言われています。

ラベルにも味があるものが多いですね。

流通する銘柄が限定味されていて、味も癖がなくライトなものが多いです。

原料は、大麦、大麦麦芽、小麦、トウモロコシなどです。

 

アイリッシュのオススメ銘柄は

ジェムソンが一押し。

値段もお手頃なものから様ざまです。

 

ブラックバレルをよく飲んでいましたけど、とにかく飽きのこない味で口当たりがとてもいいです。

よくストレートで香りを嗅ぐシーンなど外国映画などで見ることがありますよね。

この酒で言えばジンジャーのようなアロマが心地よいです。

 

ハイボールには5大ウィスキーの中でもこれが最適です。

香りの余韻もよく、なぜか二日酔いしない印象があります。

スッキリ感はサントリーローヤルに似てるかな。

つまみも選びません。

  • 品名:ジェムソンブラックバレル700ml
  • 度数:40度
  • 価格:3000円前後

 

2.スコッチの味や特徴

「ウィスキーの王道はこれ!」という人は多いです。

日本のウィスキーの見本にもなりました。

つまり日本人と相性がいいウィスキーといえます。

>>>竹鶴の理想を叶えたニッカウイスキーの蒸留所|竹鶴政孝の信念とニッカの歴史

 

原料、製法の違いから3種類(モルト、グレーン、ブレンデッド)のウィスキーに分けられます。

特にブレンデッドウィスキーはそれらを混合するので、とにかく種類が多いですし、有名な銘柄がたくさんあります。

 

原料を乾燥させるとき泥炭(ビート)を使い、そのとき出る煙の薫りが酒の特徴にもなっています。

モルトウィスキーは大麦麦芽のみで作られます。

 

スコッチのオススメ銘柄は

たくさん種類があり過ぎてお勧め品を1つ選ぶのは難しいですが・・・

12年、30年モノもありますが、ちょうど良いところでは『バランタイン17年』あたりしょう。

正統派という言葉がピッタリ。

世界中で愛されているお酒です。

スイートでふくよかな甘み、気品のある濃い薫りが特徴。

後味もいいです。

 

とにかくバランスがいいので、どんな飲み方でも大丈夫ですが、やはり水割りかロックが向いていますね。

アルコールのピリピリ感がないのでストレートもいけますが、なぜか逆に香りが立たない気がします。

 

洒落でバレンタインプレゼントなどにも使えます。

なんとなく堅実というかまじめというか、このボトルの形が好きという人も多いですね。

  • 品名:バランタイン17年700ml
  • 度数:40度
  • 価格:5000~5500円前後

 

3.アメリカンの味や特徴

なんといってもバーボンが有名です。

名前の由来はバーボン郡に港が多く、出荷の際、樽にバーボンの刻印がされたことに由来しています。

 

味わいは比較的、無骨で飾らない印象があります。

内側をこがした樽熟成のため、ほろ苦さ、香ばしさ、甘さが混在とした味わい。

癖のあるものが多いですね。

色も濃い目でネットリとした印象があります。

 

バーボンウィスキーの場合、原料の51%以上がトウモロコシです。

さらに、トウモロコシの原料比率が80%以上になるとコーンウィスキーという名称に変わります。

>>>バーボンとウィスキーの違い|原料と国に秘密が

 

アメリカンの人気銘柄は

バーボンではジムビームが安価でお勧め。

最近では、タレントのローラさんのCMで有名ですよね。

 

バニラ、キャラメルの甘い香りが特徴になります。

ただ、それでいて味が強く、キレのある味わいです。

飲み方はオンザロックですね、見た目も美しいし、ハードボイルド小説に出てきそうです。

>>>ワイルドターキーもオススメ

 

ほか、バーボンではりませんが、テネシーウィスキーの代表には『ジャックダニエル』があります。

これらのアメリカンウィスキーには名前が格好いいものが多いですね。

相性のいいつまみは肉類、燻製系です。

  • 品名:バーボンウィスキージムビーム700ml
  • 度数:40度
  • 価格:1400円前後

 

4.カナデイアンの味や特徴

カナデイアンの特徴は、ライ麦のコク、個性的で複雑な味わい。

芳醇なのにメローでスムーズな味わい、ライトタイプなものが多いです。

またカクテルとの相性がよくて、カクテルの女王と称される「マンハッタン」など、この酒を使います。

原料はライ麦、トウモロコシなどが主流です。

 

カナディアンの人気銘柄は?

お勧めはカナデイアンクラブブラックなどお値段もお手ごろ。

軽い口当たりと、青りんご、ジンジャーエールみたいなアロマが特徴で飲みやすいです。

燻製などのつまみと相性がいいですね。

色も比較的濃い目かな。

 

銘柄は少ないけど伝統と歴史を備えた逸品です。

これしか飲まない一本気の友人がいます。

  • 品名:カナディアンクラブブラックラベル700ml
  • 度数:40度
  • 価格:3700円前後

 

5.ジャパニーズの味や特徴

日本のウィスキーは世界トップクラスと言えます。

とにかく非の打ちどころにない間違いのないウィスキーが特徴です。

はずれくじなし。

 

ニッカウィスキーの創業者、竹鶴政孝氏(NHKドラマ、マッサンの主人公として有名)がスコットランドで習得した技術をもとに、今のサントリー山崎蒸留所でこれら日本のウィスキーは確立されました。

>>>竹鶴の理想を叶えたニッカウイスキーの蒸留所|竹鶴政孝の信念とニッカの歴史

日本人のまじめさ、職人気質なところがウィスキー造りに向いているのでしょう。

味も日本人の指向に合わせてまろやかでビート臭が抑えめです。

 

ジャパニーズの人気銘柄は?

今回は山崎の名前をいただいた『サントリーウィスキー山崎』を紹介します。

値段も熟成期間でピンキリですが、「山崎」が付けばもう間違いなし。

イチゴのような香りとバニラのような快くて甘い後味。

品によっては『海外では入手困難』です。

 

味、香り、色などバランスの良さはやはり天下一品です。

飲み方は普通に水割り。

どんなつまみにも合いますし、日本料理を意識したウィスキーともいえるでしょう。

原料は大麦、大麦麦芽、トウモロコシなどです。

  • 品名:サントリーシングルモルトウィスキー山崎700ml
  • 度数:40度
  • 価格:6700円前後

 

まとめ

5大ウィスキーの中で、スコッチ、アイリッシュ、カナディアンの貯蔵期間は3年以上、アメリカンの中でバーボンは2年以上、ジャパニーズは特に規定なしとなっています。

材料も、モルトウィスキーのように大麦麦芽だけのものから、トウモロコシ、小麦、ライ麦、大麦など。

また醸造方法も樽での連続式、単式蒸留、その組み合わせなどがあり、ウィスキーはその産地や歴史、文化だけでなく、様々な要素が溶け合って出来た世界中の様々な人種、国民に愛され続けた酒といえそうです。

この際、その奥深さを味わいつつ、7大陸を制覇するように『5大ウィスキーを制覇する』のも面白いかも知れませんね♪

-おすすめウィスキー
-, ,

Copyright© 超お酒が飲みたいッッ!! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.