人気の日本酒

お屠蘇は簡単に作れる!器セットで正しい飲み方を

更新日:

お屠蘇 とは セット 作り方 飲み方

 

お正月と言えば、お年玉、年賀状、おせち料理、門松、しめ縄。

そして、お屠蘇(おとそ)ですよね。

私も小学生ぐらいのころ親にお屠蘇を飲まされ、「まずい」と思った苦い思い出(カライ思い出?)があります。

 

しかし、そもそも「お屠蘇って何?日本酒?」という人や、「聴いたことはあるけど、飲んだことがない」という人は多いと思います。

いい日本人の大人なら、日本の正月文化について正しく知っておかないと、恥をかいてしまうかもしれません。

そこで今回は、
お屠蘇は簡単に作れる!器セットで正しい飲み方を
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

お屠蘇とは

お屠蘇(おとそ)とは、一年間の邪気を払って長寿を願って正月に呑む縁起物の酒です。

名前の由来は、邪を『屠り(ほふり)』、生気を『蘇生』するということから来ています。

※名称由来には諸説あり。

 

お屠蘇は『一人これを呑めば一家病無く、一家これを呑めば一里病無し』と言われていて、家族皆が飲むほど、縁起がいいと考えられています。

とは言っても基本的にお屠蘇はお酒です。

未成年者や妊娠中の人は無理に飲む必要はなく「飲むフリ」をするだけでも大丈夫です。

古いしきたりを大事にする過程の方だと、子供の頃から飲まされて育った!なんて話も聞きますね。

 

お屠蘇の作り方と飲み方

お屠蘇の素『屠蘇散(とそさん)』

現代では、単に日本酒をそのままお屠蘇として飲むことも多くなっています。

しかし、本来のお屠蘇は、数種類の生薬を漬け込んだ薬酒のことを言います。

この数種類の生薬を混ぜたものは屠蘇散と呼ばれていて、ネットでもお安く購入することができます。

 

作り方も簡単です。

日本酒やみりん、もしくは両方を混ぜたものに、屠蘇散を漬け込むだけでできます。

上記商品の場合、紅茶のティーパックのような作りになっているので、一晩(7時間前後)ぐらい漬け込むと、生薬の成分をしっかりと含んだお屠蘇が出来上がります。

 

日本酒とみりんのどちらを使ってもいいのですが、日本酒の場合は辛口、みりんの場合には甘口の飲み口になります。

好みの味になるように両者を混ぜ合わせてください。

 

ちなみに、みりんを使用する場合は、本みりんを使用してください。

みりん風調味料の場合は、調味料の用途が強く、塩分で調整されていることも。

また、ものによっては、そのまま飲むと非常にまずいです。

値段は高くなりますが、必ず本みりんを使うようにしてください。

>>>みりんと料理酒の違いとは【味と使い方】よりもアレが・・・

 

スポンサーリンク

 

お屠蘇を飲む際の作法

お屠蘇を飲む場合には作法があります。

地域によっては多少異なりますが、一般的な作法としては以下のようなものがあります。

  • 家族全員で東を向く
  • 年少者から年長者の順に飲む
  • 飲む人の右側から注ぐ
  • 三段重ねの盃で、1杯ずつ飲む(計3杯)※1つの盃に3回に分けて入れ、3回に分けて飲むでも良い
  • 『一人これを呑めば一家病無く、一家これを呑めば一里病無し』と唱えてから飲む

ちなみに年少者から年長者の順で飲むのは、毒見の名残とも言われています。

 

雰囲気を出すなら酒器にもこだわろう

正式にはお屠蘇を飲む場合、屠蘇器と呼ばれる酒器を使います。

屠蘇器とは、朱塗りのお銚子と三段重ねの盃、盃を載せる台座からなるものです。

しかし一般家庭にはなかなかありませんよね。

 

ない場合は、家庭にある酒器で飲んでもいいとされています。

ただ毎年使うものなので、今後続けていきたい、形から入りたいという方は、一家に1セット買っておくと、それだけでお屠蘇の雰囲気が出ます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

お屠蘇とは、『邪を払い長寿を願う』正月の風習の一つです。

日本酒に屠蘇散を漬け込むだけで簡単に作れるので、飲んだことがない人は一度試してみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに、お屠蘇とつながりのある言葉として、「お屠蘇気分」というものがあります。

これは平たく言ってしまうと『正月の休みボケ』の状態をさしています。

お屠蘇を飲んで気持ちよく酔っぱらった気分ということですね。

>>>お屠蘇に使うには勿体無さすぎる!!正月に飲みたい日本酒まとめ

-人気の日本酒
-, , , ,

Copyright© 超お酒が飲みたいッッ!! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.