ワインまとめ

ドンペリ種類まとめ『価格以上の価値』がそこに・・・

更新日:

ドンペリ 種類 価格

日本人には馴染深い、高級シャンパンのドンペリ。

ドラマやマンガにも出てくる銘柄です。

キャバクラ遊びやホスト遊びで、身持ちを崩した人の話にも登場しますね。

 

ドンペリでシャンパンタワーとか……。

ひと晩で、どれ程のお金が吹っ飛ぶのか、恐ろしい話です。

 

まあ、クラブは焼酎の水割りですら「?!」となる、大人のかけ算が用いられていますね。

 

そんなドンペリですが、ドンペリと一口に言っても、実はグレードによって値段には、かなりの開きがあります。

店側も、一見の客の場合、代金を本当に払えるのか不安になるものがあり……。

「前払い」を頼むことがあるドンペリまであるのだとか!(怖っ)

 

大人の会計は置いといて、市場で買う場合、実際にドンペリはいくら位するものでしょう?

シャンパンの王様と呼ばれる「ドンペリ」の、本当のところをご紹介したいと思います!

というわけで、
ドンペリ種類まとめ『価格以上の価値』がそこに・・・
をお送りします。

 

 

ドンペリが高い理由

ワインは色の違いだけでなく、こんな分け方ができます。

  • 通常のワイン(非発泡性。別名スティルワイン)
  • スパークリングワイン
  • シャンパン

スパークリングとシャンパンは、どちらも発泡性のワインですが、違いがあります。

 

一般的に、3気圧以内のガス圧を持ったワインの『総称』がスパークリングワイン。

シャンパンは、スパークリングというジャンルの中の『カテゴリー』です。

 

つまりシャンパンをスパークリングワインとは言えても、その逆は無理。というか……。

言えなくもないのですが、誤解を招くかもしれません。

シャンパンは最低でも4千円近くします。

 

スパークリングワインしか飲んでいないのに、「シャンパン飽きたな~」なんて言うと・・・・・・

わかりますよね(笑)

 

シャンパンは、フランスのワインの法律(AOC法)で決められている項目を満たすことで名乗れます。

ぶどうの品種や栽培、醸造方法、アルコール度数などに決まりが設けられています。

さらに、フランスのシャンパーニュ地方で造られたものに限られます。

  • シャンパン
  • シャンペン
  • シャンパーニュ

と呼んだりするのも、ここからきています。

一応「シャンパーニュ」が正式名称なのですが、日本ではシャンパンの呼び名の方が浸透していますね。

 

このように・・・

コストも手間も惜しまず、そして生産地方の縛りまで設けることで、高品質なクオリティを維持しているのです。

それゆえ・・・どうしても基本価格が高くなってしまうのです

 

ちなみに、シャンパンは瓶内二次発酵を用いています。

収穫したぶどうを圧搾し発酵させ、酵母とリキュールを添加してビン詰め。

その後澱抜きをして、さらにリキュールを追加してビン内でさらに熟成させる方法です。

この醸造方法は「シャンパーニュ方」、または「メソード トラディショナル」(伝統的製造方法)と呼ばれています。

 

またAOC法では、ロゼのシャンパンを造る際、ブレンド法が用いられることがあります。

収穫年が違うワインを混ぜる方法です。

アサンブラージュと呼ばれます。

この手法はシャンパンにだけ許されたもので、技術や研ぎ澄まされた五感が必要となります。

 

ドンペリの場合は、その年に収穫された品質の良いブドウのみを使って造られます。

そのため収穫年(ヴィンテージ)が記載された、ヴィンテージシャンパンという扱いになります。

ぶどうの品質が良くない年は、『ワインを造らない』というこだわりもあるブランドです。

 

ドンペリのブランドは?

スーパーのワインコーナーに行くと、「MOET」の文字を見かけませんか?

正確にはEの上に「‥」が付いています。

 

『モエ・エ・シャンドン ロゼ アンペリアル』は、キュートなピンクのラベルと箱が印象的。

値段もお手頃で、5千円程度です。

白や黒で統一されたものもあります。

見かけたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

モエ・エ・シャンドン( Moët & Chandon)はフランスにあるシャンパン製造会社です。

モエシャンとも略され、社名と同じ銘柄のシャンパンを造り、販売しています。

 

この会社は1743年に創業し、現在年間で200万ケース以上のシャンパンを出荷しているそうです。

シャンパンの生産量、出荷量、ストックは最大規模を持つと言われています。

 

所有しているぶどう畑も、1500エーカーという広さ。

身近なものに例えると、たぶん東京ディズニーランド12個分くらい。

 

この会社のブランドはモエシャンだけでなく……。

「ドン・ペリニヨン」(ドンペリ)があります!

 

ドンペリの由来と歴史

ドンペリの名前の由来は「ドン・ピエール・ペリニヨン」という人名からで、シャンパンを発明したとされる修道士です。

シャンパーニュ地方は気候の関係で、白ワインの熟成が難しかったそう。

黒ぶどうを使って白ワインを造ったり、そのための圧縮機を考案したり……。

 

そういった研究を重ねる中、偶然にも発泡性のワインができました。

これが上流階級の人たちにウケたのです。

 

諸説ありますが、これがのちの「シャンパン」になったわけです。

当時は1年程度しか保存できなかった『白ワインの長期熟成を成功させた』とも言われています。

 

モエ・エ・シャンドン社が、彼の畑を購入し、その功績を称えて、 最高級品を「ドン・ペリニヨン」と名付けました。

黒ぶどうを使って、白のシャンパンを造る製法も受け継がれています。

 

ドンペリは、他にも「プイレスティージュ(プレステージ)シャンパン」という顔も持っています。

プレステージとは「最高級ランク」を表す言葉です。

各メゾンの伝統や個性が表現されているのが特徴です。

 

プレステージを名乗る場合、熟成期間は3年以上とAOCで決められていますが……。

ドンペリの場合は、完成されたハーモニーを出すため、最低8年以上熟成させたものを市場に出しています。

 

ドンペリのグレードと気になるお値段

ドンペリにはグレードがあります。

実際に買おうとするとどれくらいのお値段なのか、知っておいて損はないですよ。

認知度も高級感も知られているので、お祝いのプレゼントとして考えるのもアリ。

もらった人もテンションが上がるでしょう!

 

特別感を出したいときにも良いかもしれませんね。

価格は相場やヴィンテージによって変わります。

 

マグナムボトル(1500ml)と750mlのボトルがあります。

紹介している価格は750mlのものです。

 

ドン・ペリニヨン ヴィンテージ(ドンペリ白)

地下のセラーで8年熟成されたもの。

一般的に「ドンペリ」と略されるのが、この白のシャンパン。

 

ドンペリの中では、比較的手が出しやすいライン。

お祝いの席でも振る舞われることが多い銘柄です。

  • 品名:ドン・ペリニヨン ヴィンテージ
  • 価格目安:1万4千円前後

 

ドン・ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ(ピンドン)

 

俗に『ピンドン』と呼ばれるもの。

ロゼはピンク色で表現されることもあり、ピンクのドンペリを略してそう呼ばれます。

 

ピノ・ノワールとシャルドネを完璧なバランスで融合したとされる、ロゼシャンパンです。

 

以前、ロゼワインについての記事で、

「ロゼワインはリーズナブル。ただシャンパンと名がついていると、値段が急に上がる」

というようなことを書きました。

>>>薔薇色ロゼワイン♪それは赤と白の造り方の【応用】で出来ていた!

 

ドンペリ白よりも生産数が少なく、さらに熟成期間も10年程度かかっています。

ドンペリ(白)よりも値段が上回るのはもちろん、年代物になると10万近くするものも。

 

ロゼの色合いからも、女性ウケが高いのですが、品質的にも優れた高級なロゼシャンパンです。

  • 品名:ドン・ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ
  • 価格目安:2.5万円前後から

 

ドン・ペリニヨン P2

 

ドン・ペリニヨンはシリーズを通して、長期熟成が特徴としてあげられます。

熟成の段階は「プレニチュード」と呼ばれ、ワインがより高く、強く進化する瞬間なのだとか。

 

ドン・ペリニヨンのヴィンテージを第1段階とするなら、P2は第2段階目のピークとして表現されています。

なんと16年の熟成期間を経て生まれたものです。

 

一番近い、ヴィンテージ2000年の物は、鮮やかで熟成度のある香り。

口に含むと気品がある粘性もあり、肉感的な味わいもあるそう。

優雅な苦みとともに余韻も長く楽しめるとのこと。

 

高級感あふれる黒いボトルとラベル。

箱も黒に統一されているもの特徴です。

 

  • 商品名:ドン・ペリニヨン P2
  • 価格目安:4万円前後から

 

ドン・ペリニヨン エノテーク(ドンペリ黒)

 

ドンペリブラック(黒)と呼ばれているもの。

ラベルやボトルが黒いためです。(P2もブラックですが)

 

熟成期間は16年程度ですが、P2との違いは年代物があるところ。

非常に状態が良いものでなければ、長い熟成に耐えられず……。

年代物になるほどお値段もアップ。

 

ちなみにエノテークは、古いヴィンテージが貯蔵されているセラーの名前です。

エノテークには白とロゼがあります。

同じヴィンテージだと、ロゼの方が高く、3倍以上の値段がついています。

 

  • 商品名:ドン・ペリニヨン エノテーク(白)
  • 価格目安:6万円から
  • 商品名:ドン・ペリニヨン エノテーク ロゼ
  • 価格目安:17万円台から

※ロゼの方は、非常に品薄の為、値段にかなりのばらつきが・・・

 

ドン・ペリニヨン レゼルヴ・ドゥ・ラベイ(ドンペリ金)

 

ドンペリ黒を上回る熟成年数を経て完成されたもの。

その年数は、驚愕の20年!

市場価格でも10万円以上します。

お店で飲んだら、30万は超えるでしょう。

 

ラベルが金色なので、ドンペリゴールド(金)の呼び名がついています。

とても稀少で、通にはたまらないシャンパン!

「ドゥ・ラベイ」は修道院の意味で、ドン・ペリニヨンがいたオーヴィレール修道院にちなんでいます。

 

  • 商品名:ドン・ペリニヨン レゼルヴ・ドゥ・ラベイ
  • 価格目安:11万円から

 

ドン・ペリニヨン P3(白/ロゼ)

 

ゴールドを上回る、25年以上の熟成期間を経たものです。

最後の、3段階目の『プレニチュードのピーク』と表現されるものです。

 

高級レストランでも滅多にお目にかかれないシロモノです。

稀少さでも群を抜いており、40~50万円というお値段です。

 

ロゼのP3もありますが、取扱店は少ないです。

 

  • 商品名:ドン・ペリニヨン P3
  • 価格目安:40万円台から

 

1970年代より前のヴィンテージ『プラチナ』

エノテークの中でも、とても古いものをプラチナと呼んでいます。

1970年代のものから、それより以前とする場合と、1970年よりも前とする場合があります。

 

ゴールドを超えるため、プラチナの通称がついています。

もちろん年代物になればなるほどプレミアム価格がつきます。

1970年代なら3、40万円。

1959年のもので60万円くらいです。

 

ちなみに一番古いヴィンテージは1921年で、初めてドンペリがこの世に誕生したときのもの。

約100年前です!

一体いくらの値段がつくのか想像もつきませんね……。

 

  • 商品名:ドン・ペリニヨン エノテーク
  • 最低価格:50万円前後

※ヴィンテージによって大幅に変わります。

 

最高傑作とも言われる『チャールズ&ダイアナ』

1981年、チャールズ皇太子と、ダイアナ妃の結婚式での記念品。

ダイアナ妃の父親、スペンサー氏が特別注文したドンペリです。

ダイアナ妃が生まれた年の1961年ヴィンテージ

 

記念すべき高級シャンパンであり、なおかつ、当たり年としても知られています。

これまでに作られたドンペリの中でも、最高傑作と名高いシャンパン。

 

レアリオティも高く、値段も高騰しています。

現在では100万円以上します。

 

150万円を優に超える!『ホワイトゴールド』

『ドン・ペリニヨン ホワイトゴールド・ジェロボアム』というドンペリです。ヴィンテージは1995年。

意外にも、それほど年代物ではないのですが、値段は150万円以上です。

先ほど取り上げた『チャールズ&ダイアナ』よりも高い理由は3つあります。

ホワイトゴールドが高い理由その1

アクセサリーで使われる、ホワイトゴールドをボトルに使用!

白く輝くボトルは、まさに贅を極めた逸品。

ホワイトゴールドが高い理由その2

100本の限定生産! レアさも桁違い。

ホワイトゴールドが高い理由その3

1995年は最高の当たり年とも言われています。

 

中身もボトルもゴージャス極まりなく、コレクターにとっては垂涎の的でしょう!

 

ラベルでも豪華さを演出『ルミナスラベル』

 

ボトルの底にあるボタンを押すと、ラベルが光るドンペリ。

その華やかでロマンチックな演出に、人気も高い銘柄です。

 

3時間程度は明かりが灯っているので、飲み終わった後も楽しめます。

(スイッチでオン/オフができます)

ゴージャスな気分を味わいたい人におすすめです。

 

ラベルのデザインが2種類あり、ドンペリのラベルがそのまま光るものと、シンプルデザインのものがあります。

防水仕様なので、ワインクーラーに入れられます。

 

白とロゼがあります。

香味は、白の場合、スモーキーでありながら、ナッツやドライフルーツのような香りが立つのが特徴。

ロゼは濃い色合いで、可愛らしいピンク色のものとは一線を画しています。力強い琥珀色、銅のような色彩です。

エレガントな花の香りの後に、サクランボを感じさせるフルーツの匂いも。

 

  • 商品名:ドン・ペリニヨン ルミナスラベル(白)
  • 最低価格:2万円~3万円
  • 商品名:ドン・ペリニヨン ルミナスラベル ロゼ
  • 最低価格:3万円~4万円

 

アンディ・ウォーホルへ捧げる『カラーラベル』

 

ポップアートの革新者、故アンディ・ウォーホルが、友人たちと行っていた企画があったそう。

20人の男性がドン・ペリニヨンのボトルを2000本買い、密閉した部屋に2000年まで保管し、その後飲むというもの。

1987年にウォーホルが逝去したため、飲むことは叶わなかったが、このアイデアを気に入っていたそうです。

 

そんなアンディ・ウォーホルへのオマージュとして、2010年に作られたのが、『ドン・ペリニヨン アンディ・ウォーホル カラーラベル』。

ヴィンテージは2002年です。

 

発売当初は赤、黄色、青の3種類のラベルで、同じ色のギフトボックスとのセット。

(750mlで2万1000円)

 

それからカラーバリエーションが増えて、6種類あります。

ポップでスタイリッシュさを楽しめるラベル。

自分用にも、気の利いたプレゼントにも良さそうです。

 

ドンペリは、ウォーホル以外にも、様々なアーティストとのコラボを果たしています。

探してみるのも、面白そうですよ!

 

  • 商品名:ドン・ペリニヨン アンディ・ウォーホル カラーラベル
  • 最低価格:2万4千円前後

 

終わりに

ドンペリは長期熟成が特徴であり、魅力です。

コルクを抜き、グラスに注いで飲む間も、実はゆっくりと香りや味わいが変わっていくのが醍醐味です。

ホスト遊びで印象的な一気飲みは、とても勿体ない飲み方ですよ(^ ^;)

 

1杯、2杯、3杯と時間をかけて飲むことで、8年以上の眠りから覚めたシャンパンを堪能できるでしょう!

毎日の晩酌が4倍楽しくなるヒミツ

お酒を美味しく飲む秘訣はグラスにあり!

下記の記事にて、お酒を4倍美味しく飲めるグラスについて特集しました。晩酌の楽しみをワンランクアップしたい方は、こちらの記事を参考にして下さい。

グラス 高級 酒器 お酒
高級グラスでお酒を飲むと4倍美味しくなる理由

  あなたは、お酒を飲む時にどんなグラスを使っていますか? どこにでも ...

続きを見る

-ワインまとめ
-, ,

Copyright© お酒が飲みたいッッ!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.