獺祭まとめ

獺祭こだわりの作り方による特徴が凄い!味の口コミ評価が・・・?

更新日:

獺祭 作り方

 

日本ではもちろん、海外でも人気を高めている「獺祭」

なぜここまで高く評価されているのでしょうか。

そこで今回は、獺祭の作り方から味の特徴に至るまで、徹底的に紹介していきます!

 

スポンサーリンク

 

 

獺祭の作り方のこだわり

旭酒造のお酒はいったいどのようにつくられているのでしょうか。

こだわりの手法を交えながら、順に説明していきましょう。

 

①洗米

米の持つ水分を0.3%以下の精度で厳密にコントロールするため、「全て手洗い」します。

機械を使った方が時間も手間も省けますが、繊細な作業なので人の手で行うそうです。

 

②蒸米

伝統的に行われてきた和釜の技法を使います。

一粒一粒が、外側は硬く、内側は柔らかい蒸し上がりの米を作るため、

  • 釜への米の張り込み
  • 釜からの蒸しあがった米の掘り出し

など、労力のいる作業をこなしています。

 

③麹造り(こうじづくり)

酒造りの仕事の中で最も大事な作業です。

麹は酵母にブドウ糖を供給し続け、その発酵スピードを最適にコントロールするからです。

二昼夜半の期間中、昼夜問わず操作が必要なので、旭酒造では四人の担当者が交代で作業します。

 

④仕込み

旭酒造では、全てのもろみを鑑評会の出品酒と同様「低温」で「長期間」かけて醗酵させます。

そして、最高50日の醗酵期間中、0.1℃の精度でもろみをコントロールします。

年間を通じて5℃に設定された醗酵室で、

  • 自然の発酵熱
  • もろみの櫂入(かいいれ)作業:かき混ぜる作業

のバランスでもろみを制御しています。

従来の杜氏の経験に頼る方法ではなく、微妙な温度管理や水の追加タイミングなどについてデータを取り、理想的な発酵を安定して行えるよう努力したといいます。

 

⑤上槽

旭酒造は、日本ではじめて「遠心分離機」を導入しました。

無加圧状態でもろみから酒を分離することができる機械です。

純米大吟醸の本来持つべき香りやふくらみなどの美点が崩れることなく表現できます。

 

この遠心分離機を使用している銘柄は、別途ブランディングされていますので、通常のものと飲み比べてみると面白いかもしれません。

 

⑥瓶詰

搾ったお酒の中に残った酵素により、グルコースが増え、甘みが出るまで生で貯蔵されます。

また、日本酒に本来備わっている旨味や香りが失われないよう、「炭素濾過」は行いません。

※日本酒に粉末の活性炭を加えて雑味や色を吸着させること。

 

その後、「冷たいまま瓶詰め→65℃まで昇温→打栓→20℃まで急冷」という手順を取ります。

こうすることによって、コストや手間はかかりますが、

  • 冷温瓶詰方式で香りが逃げるのを防ぐ
  • 急冷方式で酒の劣化を防ぐ

といった効果が期待できるそうです。

 

旭酒造の酒造りは、データに基づいた温度管理と、人の手による繊細な調整、手間を惜しまない姿勢によって行われていることがわかりました。

 

スポンサーリンク

 

獺祭の味や香りの特徴は?

たくさんの人に愛される獺祭の特徴を大きく2つの観点から説明しましょう。

  1. 日本最高峰の「磨き」
  2. 「遠心分離システム」導入

 

1.日本最高峰の「磨き」

獺祭は、「磨き」にこだわった、精米歩合が低い商品として評価されています。

獺祭を飲んだ人は、次のように味を表現しています。

獺祭はパイナップルとかマンゴーを思わせるフルーティーさがありますね。

引用:yahoo知恵袋

 

辛口が好きなら獺祭はまず合わないと思います。
獺祭は全て旨口芳醇で香り高いタイプ

引用:yahoo知恵袋

 

まず香りを楽しみ、味はゆっくりと楽しんでください。獺祭はすべて純米大吟醸になりますので、香りが良く味もスッキリ系でおいしいですよ。

引用:yahoo知恵袋

 

精米歩合が低い日本酒は、お米を削る過程で、「雑味」をそぎ落とすため、すっきりした味わいになります。

そのため、フルーティーな味わいや香りを感じる人が多いようですね。

 

ただし、雑味のないきれいなお酒を「物足りない」と感じる人もいます。

プレゼントの際は、相手の好みに注意が必要ですね。

 

「遠心分離システム」導入

獺祭を提供している旭酒造では、「遠心分離システム」を導入した商品も扱っています。

導入されているのは「三割九分」と「二割三分」の二種類にのみです。

 

無理な圧力をかけることなく、お酒をつくれるため、

  • きれいなお酒になる
  • 酒袋特有の匂いがつかない
  • 日本酒の香り「吟醸香」が飛ばない
  • 品質にばらつきがでにくい

といったメリットがあります。

 

「遠心分離システム」を使った日本酒は、どう味が違うのか、語れたらカッコいいですよね。

話のネタとして、購入するという方もいるようです。

話の種には遠心分離が面白い

引用:yahoo知恵袋

 

また、個人で楽しむ他にも、

  • 日本酒好きの友人との飲みの場への差し入れ
  • 日本文化に興味のある海外の友人へのお土産

としても選ばれているようですよ。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

獺祭は、フルーティーな味や香りが特徴的な日本酒として愛されています。

また、徹底した温度管理や、人の手による繊細な調整など、作り方にこだわっていることがわかりました。

こうした手間を惜しまない姿勢が、多くの評価を勝ち取る結果につながったのでしょう。

-獺祭まとめ
-,

Copyright© 超お酒が飲みたいッッ!! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.