お酒の悩みまとめ

アルコールが抜ける時間はどのくらい?代表酒類の目安一覧表まとめ

アルコール 抜ける時間

 

お酒、美味しいですよね。

ですがそんな美味しいお酒でも、飲みすぎると翌朝までアルコールが残ってしまうことも・・・。

お酒が残っていると、

  • 「うわ、酒臭いけど運転できるかな・・・。」
  • 「子どもに授乳しても大丈夫かな・・・。」

なんて心配になってしまいますよね。

そんな状況を避けるためには、アルコールが抜ける時間を頭に入れておくことが大事。

アルコールが抜ける時間のめやすを覚えておけば、どのくらいまでの量ならお酒が残らないのか、というペース配分を考えて飲めますよ。

というわけで、
アルコールが抜ける時間はどのくらい?代表酒類の目安一覧表まとめ
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

お酒が抜けるメカニズムとは

まずはお酒が抜けるメカニズムについて知っておきましょう。

メモ

お酒を飲むと、お酒に含まれるアルコール分が胃や小腸から吸収されて、最終的には肝臓に運ばれます。

肝臓ではアルコールをアセトアルデヒドに分解。

そのアセトアルデヒドもまた、肝臓で酢酸・水・二酸化炭素に分解されます。

肝臓が分解しきれないほど大量のアルコールを摂取すると・・・。

分解されなかった残留アルコールとして血中に溶け出してしまいます。

血流にのって全身を巡ったアセトアルデヒドは、また肝臓に戻り、分解されるというのを繰り返していくのです。

 

アルコールが分解されるまでの時間を出すための計算式

実際にお酒が分解されるまでの時間はどれほどかかるのか。

これには簡単な計算式がありますので、紹介していきますね。

  1. 飲酒量(ml)×アルコール度数(%)×0.8=アルコール量(グラム)
  2. 自分の体重×0.1=1時間に分解できるアルコール量
  3. ①÷②=アルコールが分解されるまでの時間

例えば、体重65kgの人が350mlの缶ビール(度数5%)1本を飲んだ場合は次のようになります。

  1. 350ml×5%×0.8=14グラム
  2. 65×0.1=6.5グラム
  3. 14÷6.5=2.153時間

およそ2時間10分でアルコールが分解される結果になりました。

しかし、分解されるまでの時間は個人差がありますので、このくらい経てば必ずお酒が抜けるとは言えません。

あくまで目安として覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

お酒の種類別アルコール含有量と抜ける時間の目安

「計算式はわかったけど、いちいち計算するのも面倒くさい・・・。」

その気持ちはよくわかります。

ここからは、代表的なお酒の種類別にアルコール含有量(グラム)とアルコールが抜ける時間の目安を一覧にして紹介していきますね。

 

体重が50kgの場合と65kgの場合とで表を作っていますので、近い数字を参考にしてください。

自分の体重が軽いほど抜ける時間は長くなり、重いほど抜ける時間は短くなっていきます。

種類・量 度数 アルコール量 抜ける時間(50kgの場合) 抜ける時間(65kgの場合)
ビール350ml 5% 14グラム 2.8時間 2.15時間
チューハイ350ml 6% 16.8グラム 3.36時間 2.58時間
日本酒1合 16% 23グラム 4.6時間 3.54時間
焼酎1合 35% 50.4グラム 10.08 7.75時間
ウィスキーダブルサイズ60ml 43% 20.6グラム 4.12時間 3.17時間
ワイン125ml 12% 12グラム 2.4時間 1.85時間
泡盛1合 43% 62グラム 12.4時間 9.54時間

例えば、体重65kgの人が350mlのビール2本と日本酒1合飲んだだけで、アルコールが分解されるまでに7.84時間もかかる、という計算に。

結構時間がかかるということがわかります・・・。

なお、繰り返しですが、分解能力には個人差がありますので、あくまで目安として使ってくださいね。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

こうやってアルコールが分解される時間を見ていくと、結構時間がかかることがわかります。

個人差もありますから、余裕を持った時間をみておいたほうがいいですね。

アルコールが抜ける時間の目安を知っておいて、運転や授乳などに不安のない毎日を送りましょう!

-お酒の悩みまとめ

Copyright© 超お酒が飲みたいッッ!! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.