おすすめウィスキー

ニッカおすすめの高級ウィスキーまとめ|プレミア価格がヤバイ!!

投稿日:

 

ジャパニーズウイスキーは、国内のみならず海外でも愛好家が多いお酒です。

その人気ぶりが如実にわかるのが、プレミア価格です。

この記事では、ニッカウヰスキーの銘柄の中から、ずば抜けて高いプレミアがついているものを紹介します。

「そういや昔、ニッカウヰスキーのシングルモルトを飲んだことがあるな」なんて言う人は、価格の高騰ぶりに驚いていって下さいね。

金銭感覚がマヒしそうですが、話のネタにはいいですよ!

「実は持っているんだなぁ」なんていう人は、ニヤニヤしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

余市・宮城峡のシングルモルトについての補足

余市と宮城峡は、ニッカウヰスキーが持つ蒸留所です。

それぞれの蒸留所のシングルモルトは、現在ノンエイジ(貯蔵期間を明記しないもの)を販売しています。

その理由は急激な人気により、原酒不足に陥ったためです。

2015年8月に1度出荷停止し、余市と宮城峡はノンエイジとして販売されることとなりました。

 

原酒不足の解消は10年以上かかると言われ、シングルモルトのプレミア価格にも拍車がかかっています。

余市と宮城峡には10年、15年といった貯蔵年数で表すものと、樽詰めした年(西暦)のものがあります。

 

余市15年/宮城峡15年

どちらも大手通販サイトで、だいたい8万~9万円くらいで取り扱われています。

価格は高騰していますが、まだお目にかかれる範囲。

インターナショナル・スピリッツ・チャレンジで、金賞や銀賞を長く受賞しつづけた銘柄です。

  • シングルモルト余市 15年
  • 容量:700ml
  • アルコール度数:45度
  • 通販価格帯:8~9万円
  • シングルモルト宮城峡 15年
  • 容量:700ml
  • 通販価格帯:8万円前後

 

シングルカスク余市10年

1990年代では、海外で低評価だったジャパニーズウイスキー。

ですが、2001年に『シングルカスク余市10年』がWhisky Magazineの「BEST OF THE BEST 2001」において最高得点賞を獲得。

世界の愛好家たちがジャパニーズウイスキーを注目し始めるきっかけにもなっています。

 

シングルカスクのため、蒸留所限定販売や、インターネット限定という、元々レアな銘柄。

樽詰め・瓶詰めの年月日で価格が変わりますが、だいたい8~10万円くらいです。

  • シングルカスク余市 10年
  • 容量:750ml
  • 通販価格帯:8~10万円

案外安いかも、と思う人もいるかもしれませんね(?)

シングルカスクの中では安い方なので、ご安心(?!)下さい。

……おや、日本語のチョイスがおかしいような気がしてきました。

 

スポンサーリンク

 

竹鶴25年ピュアモルト

ちまちま刻んで紹介するとキリがないので、一足飛びしましょう。

竹鶴25年ピュアモルトの登場です。

 

メーカの参考小売価格は7万円なので、それだけでもハイグレードだとわかると思いますが……。

大手通販サイトの価格帯は大体17~20万円。

取扱店は多めなので、価格がだいぶバラけていますが、比較はしやすいと思います。

 

ちなみにこの銘柄は現行商品です。

竹鶴シリーズは、現行商品にもプレミア価格がついています。

おそらく現行商品の中で、プレミア価格が最も高くついているのが『竹鶴25年』。

参考小売価格に近い値段で手に入れるのは、相当なツテがないと難しいでしょうね…。

竹鶴の現行商品や終売品については、こちらをご覧ください。

 

  • 竹鶴25年ピュアモルト
  • 容量:700ml
  • アルコール度数:43度
  • 通販価格帯:17~20万円

 

余市20年

金銭感覚が大雑把になってくるあたりの価格帯、余市20年です。

大手通販サイトでの価格は25万円前後。

発売当初の価格は2万円くらいで、ネットには実際に飲んだことがある人のレビューも多く見られます。

余市らしい力強さと、フルーティさ、長い貯蔵年数が生み出す円熟感があり、愛好家からも高評価を得ています。

 

余市20年の数量限定モデルもあるようですが、まずお目にかからないシロモノ。

通販サイトよりは、オークションの範疇ですね。

  • シングルモルト余市 20年
  • 容量:700ml
  • 通販価格帯:25万円前後

20万~30万円台の銘柄は他にもあります。

『竹鶴21年 マディラウッドフィニッシュ』といった、竹鶴シリーズの終売品で、かつ限定モデルのもの。

 

また、余市や宮城峡のシングルカスクで、20年貯蔵、25年貯蔵のものなどがあります。

 

ニッカ70周年アニバーサリーセレクション

2004年、ニッカウヰスキー(株)は創業70周年を記念し、様々なアイテムを販売しました。

その中のひとつが『ニッカウヰスキー 70th Anniversary Selection』です。

4本で1セットになっており、内容は…

  1. 『シングルモルト余市12年 70th Anniversary Selection』
  2. 『シングルモルト宮城峡12年 70th Anniversary Selection』
  3. 『シングルカフェグレーン12年 70th Anniversary Selection』
  4. 『ニッカマスターブレンダーズブレンド12年 70th Anniversary Selection』
    (各700ml×1本ずつ)

各蒸留所のシングルモルト、ユニークなカフェグレーンのものなど、ニッカウヰスキーの特徴を凝縮させているのがわかります。

ニッカウヰスキーを愛してやまない人なら、持っておきたいセットです。

 

2000セット限定で、全国の酒販店を通じて販売されました。

ボトルに銘柄名をシルク印刷し、木箱入りの仕立てで、当時の希望小売価格は3万5千円。

現在は保管状態にもよりますが、現在はなんと50~60万円くらい!

 

商品名は、取り扱っているサイトによって表記が異なります。

  • ニッカ70周年アニバーサリーセレクション(ニッカウヰスキー 70th Anniversary Selection )
  • 容量:700ml×4本
  • 通販価格帯:50~60万円

ちなみに上記、坂上忍さんが目印の楽天ショップでは、公式サイトで買取も行っています。

家族に国産ウイスキーが好きな人がいる、なんて心当たりがある人は、家の中や物置などを探してみてもいいかもしれませんね。

当時は手が出しやすい価格でしたし、記念ものが好きな人なら、ひょっとしたらひょっとするかも…。

 



\とりあえず査定/

※まさかの値段が!!

 

竹鶴35年

2000年に発売されてから、以降、毎年数量限定で販売されていたもの。

販売年によって数量が変わります(1200本や1000本など)。

ニッカウヰスキーの銘柄を販売しているアサヒビール(株)のニュースリリースでは、2011年までは発売を告知しています。

翌年からは告知がないので、2011年が最終販売だったのかもしれません。

 

竹鶴ピュアモルトシリーズとの違いは、モルト×グレーンのブレンデッドウイスキーであること。

貯蔵期間35年以上のモルトウイスキーと、グレーンウイスキーを1:1でブレンドしています。

 

当時、竹鶴シリーズの最高峰と位置づけられた、高級ウイスキーです。

2007年のニュースリリースでは希望小売価格が7万円。

現在の通販価格帯は、だいたい60~70万円。

このレベルになると、税込か税別か、というだけで簡単に価格の開きがでます。

といっても購入を考える人は、それくらいは誤差の範囲なのかもしれません。

  • 竹鶴35年
  • 容量:750ml
  • 通販価格帯:60~70万円

 

ザ・ニッカ40年

『ザ・ニッカ』は、2014年に創業80周年を記念し、新ブランドとして生まれました。

現行商品の『ザ・ニッカ12年』と、そのとき700本限定生産された『ザ・ニッカ40年』があります。

『ザ・ニッカ40年』は余市と宮城峡の蒸留所のモルトウイスキーの原酒、それも40年越えを一部使用したものです。

 

と、さらりと書きましたが……。

ニッカウヰスキー(株)に、現存している最古の原酒です。

ザ・ニッカ40年に使われているのは、1945年に樽詰めされた余市蒸留所モルトと、1969年樽詰めの宮城峡蒸留所のモルト。

余市でウイスキーがつくられ始めたのが1936年。宮城峡蒸留所の建設はそれから約30年後なので、その稀少さは簡単に予想出来ますよね。

 

余市も宮城峡も現在はノンエイジのものが現行商品です。

それだけに、40年越えの原酒をヴァッティングさせているだけでもレアなことは、言うまでもありません。

 

2014年9月30日に数量限定で700本発売され、豪華な化粧箱入りの仕様です。

オリジナルデザインのクリスタルグラスと冊子がセットに。

ボトルの中央の金のエンブレムは、竹鶴政孝氏が考案したもので、ニッカ第一号であるウイスキーのラベルに使われたもの。

ボトルのキャップにはウイスキー樽を使用しているのも、ニクい演出。

 

その当時の希望小売価格は50万円(税別)で、それだけでも驚愕の記念ウイスキーです。

現在は約2倍のプレミア価格で、大手通販サイトで大体90万~100万円で取引されています。

もしも手元にあるのなら、いつ、どんなシュチュエーションで開封するのか、あるいは封を開けないままなのか、妄想だけで晩酌できる価格です。

  • ザ・ニッカ40年
  • 容量:700ml
  • 通販価格帯:90~100万円

 

まとめ

この記事で取り上げたものは、大手通販サイトで確認できたものの一部です(2018年12月時点)。

『ザ・ニッカ40年』よりも上を行くものも……あるかもしれません。

現行商品を楽しむのも、終売品をコレクションするのを想像するも一興。

そして未来のウイスキーへ思いを馳せるのも、きっといい酒の肴になるでしょう。

樽の中で眠った時間ごと味わえるのが、ウイスキーの醍醐味です。



\貰い物でも/

※どんなものでも

-おすすめウィスキー
-, ,

Copyright© 超お酒が飲みたいッッ!! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.