ビールの知識

ビールのおいしい飲み方とは|最大のコツは温度!

更新日:

ビール 飲み方 おいしい

 

ギンギンに冷やしたビール。

まさに【格別】

 

そんなビールですが、どうやったら一番うまく飲めるのでしょうか。

おいしい飲み方のコツとは。

まとめていきたいと思います!

ということで、
ビールのおいしい飲み方とは|最大のコツは温度!
をお送りします。

>>>ビール『注ぎ方のマナー&コツ』まとめ【泡とルール】に気を付けよう!!

 

スポンサーリンク

 

 

ビールを美味しく頂くコツまとめ!!

たかがビール。

されどビール。

英語にするとBEER。

 

出来ることなら、最上の状態で飲みたいものです。

おいしく飲むコツをまとめて行いきます!!

 

【絶対条件】冷やす

『ビールの美味しい飲み方について』なのですが、コレだけは避けなくてはならない最重要事項があります。

それは・・・【温度】

 

ぬるいビールほどまずい物はありません。

ホントにナイです。

マジで終わってます。

最悪です。

 

私事ですが、昨日飲んだ生ビールがクソぬるかったんです。

屋形船という特殊な条件だった為か、生ビールのサーバーが全っ然冷えてなかったんですよ。

氷が足らんよ!!(たぶん氷冷式)

普通に氷を入れる、やっすいジンロのチューハイの方が美味しく感じるほどでした。ぬるい上に泡っぽかったし。

 

それほど重要な事なんです。

【ビールの温度】というものは。

 

醸造酒であるビールには、蒸留酒である焼酎やウィスキーなどと異なり、オンザロックは適しません。

【ちゃんと冷やしてから飲む】ことが基本事項になります。

※エールビールなど常温が適すビールもありますが、例外なので除外。

>>>エールビールについてはコチラ

 

追記補足

エールについて、無知でした。

エールは一般的なラガービールとは別ものです。

エールにはエールの適した温度が存在します。

【香りの13度】が旨過ぎる…『よなよなエール』を最高に美味しく味わう為に

補足終わり。

 

また、こんな方にお勧めの商品も。

  • 冷蔵庫に入れ忘れた!!
  • BBQなど屋外で飲みたい!
  • かさばるから冷蔵庫には入れたくない!!

一瞬で缶ビールや缶ジュースを冷やす代物です。

 

まぁ・・・ボールと氷があれば要りませんけどね?(笑)

スムーズに出来ますよね。

 

コチラのなんかは、電動で、さらに楽チン♪

 

 

缶ビールを飲む場合のコツ

『コップやジョッキを冷やしておき、必ず注いでから飲む』という飲み方が推奨される事が多いですね。

確かに間違いではありません。

 

ですが!!私は!!『あえて缶のまま飲む』のが結構好きですね。

もちろん、キンキンに冷やしておかねばなりませんけどね。

 

なぜか?その理由は4つ。

  1. 缶の口当たりが気持ち良い
  2. 泡の無いビールも乙である
  3. 炭酸が抜けにくい
  4. 買ってすぐ飲める

缶の金属感は、冷たくて気持ちが良いですし、冷えていればいるほど心地良いです。

それに泡は美味いですが、泡が無いなら無いで、ビール本体の味が楽しめます。

そしてコップやジョッキに移して泡を作らないことで、炭酸が抜けにくくなります。

最後に!缶でならば、買ったその場で飲むことが可能です。

 

以上ッッ!!

・・・これでは缶ビールを『冷やしてそのまま飲む』としか言っていませんね^^;

 

冒頭で書きました通り、グラスやジョッキに移して飲むことも大いに有効です。

ただし、そうする場合には、予めグラスやジョッキの方も冷やしておく必要があります。

冷蔵庫や冷凍庫で冷やしておいて、飲む時に取り出して使用する。

缶ビールをコップに移す時には必須です。

 

『ジョッキ』というと、お店のイメージが強いですが、普通に市販もされていますので、家でも雰囲気を味わいたい人は試してみてはいかがでしょうか。

コレなんかアサヒ『スーパードライ』のロゴ入りです(笑)

 

個人的には昔、居酒屋で働いていた友人から、お店のジョッキ貰ったことがあるなぁ。懐かしい。

こういう、【超冷える】タンブラーも販売されております。

 

ただし、レビュー欄に書いてある通り、『冷却効果が強過ぎる』ので使いづらいという意見も。

エクストラコールドとか、シャリシャリのジョッキが好きな人にはオススメかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

サーバーで楽しむ

もう、ね、アレです。

「家で生ビール飲んでやろう」という豪気な話がコレです(笑)

そう、生ビールサーバーを買っちゃいましょうw

 

て、簡単に書きましたが・・・実はサーバーってピンキリなんですよね。

お手軽に缶ビールに装着するものから、【自分で樽と炭酸ガスを手配する】ガチなヤツまで。

 

まぁ・・・ガチなヤツは高過ぎますし、安く出回っているのは中古品ばかりですね。

「中古品でも構わない!」という方は、存外安く手に入れることが出来るかもしれませんよ。

 

※中古品につき在庫状況は保証しかねます。

 

「これでは高過ぎるし面倒!!もっとライトなヤツが良い!」

という方には、缶ビールをセットして、あら簡単クリーミー!な商品も沢山出回っております。

 

 

 

 

自分を追い込む!!

単純な話です。

運動やスポーツ、仕事やサウナと【自らを追い込む】のです。

追い込んだ後に飲むビールは、2倍にも3倍にも美味しく感じられるでしょう。

 

あんまり度を過ぎると危険ですけどね(笑)

あくまで美味しく飲める範囲で頑張りましょう。


スポンサーリンク

 

まとめ

どうせ飲むなら美味しく飲みたい!!ということで、美味しいビールの飲み方についてご紹介いたしました。

道具を使うもよし、思い切ってサーバーを入れてしまうもよし。

自分に合った方法でビールを楽しんじゃいましょう♪

ビールはやっぱり太る?

若者のビール離れが深刻に・・・?

-ビールの知識
-, ,

Copyright© お酒が飲みたいッッ!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.