ビールの違い

キリンラガーと一番搾りの違い|味も違えば作り方も違う!

更新日:

キリンラガー 一番搾り 違い

 

皆さんは自宅で缶ビールを飲むとき、どの銘柄のビールを飲みますか?

私は基本的にはアサヒスーパードライ派なのですが、値上がりが厳しく、第3のビールで我慢することも多く。。。^^;

 

ちなみに友人に【キリン派】がいるのですが、キリンラガーを土産に買って行ったら・・・

「は?普通キリンったら一番搾りだろ?」とケチを付けられたことがあります(笑)

 

普段キリンを飲まない私からすれば、「何が違うんだよ!!!」という怒りを覚えたので、『一番搾りとラガーの違い』をまとめてみたいと思いますw

そこで今回は、
キリンラガーと一番搾りの違い|味も違えば作り方も違う!
をお送りします。

 

 

ビールの製法

一番搾りとラガーの違いを語る上では、まず『ビールの製法』について知らなければなりません。

少し前段が長くなりますが、お付き合いをお願いいたします。

 

工程1.麦芽の製造

ビールの原料は大麦です。

しかし大麦をそのまま使ってビールを作成しようとしても、主要な成分が溶けにくく分解し難いです。

そのため大麦を発芽させ、焙燥し【麦芽】にします。

『芽が出た麦が麦芽』です。

 

その後、麦芽を粉砕し、次の工程に移ります。

 

工程2.仕込み工程

粉砕した麦芽と副原料(米やコーンスターチなど)を水に入れ、適当な温度で保温すると、酵素の働きによって、原料に含まれるデンプン質が糖に分解されます。

 

昔理科でならったでしょ?

唾液に含まれるアミラーゼという酵素が、ご飯のデンプンを分解して糖に変えるって。

ここ、テストに出ますからねー(笑)

 

次に糖が溶け出した水分を【ろ過】して、ホップを加えて、グツグツ煮ます。

ホップを加えることでビールの【苦味】がプラスされ、不要物が凝集するので、透明度が上がり【澄んだ液】になります。

 

工程3.発酵工程

だんだんビールっぽい見た目にはなってますが、まだビールには程遠いです。

何故なら肝心の【アルコール】がこの段階では含まれていません。

 

煮込んだ液体を冷まして、酵母を加えます。

この酵母が糖を分解し、アルコールに変えます。

これでやっと【ビール】らしくなりました。

 

工程4.熟成

今度はタンクに移し、熟成します。数日間寝かせることで、ビールらしい味と香りが産まれます。

そのあとは容器に詰めれば完成です。

ちなみにこの全行程には2~3ヶ月かかるというから、驚きです。

 

 

一番搾りとラガーの定義

さて、いよいよ本題です!!

実際に「一番搾り」と「ラガー」の違いはどこにあるのでしょうか。

見ていきましょう!

 

キリンの商標登録『一番搾り』とは

 

一番搾りとは先に説明した仕込み工程(工程2)のろ過の際に、最初に出てきた液体、俗にいう【一番麦汁】だけで作成したものが「一番搾り」という製品になります。

通常のビールであれば一番麦汁と、ろ過した後に、さらに麦芽や副原料が混ざった残りカスにお湯を加えて、再度ろ過して得られる二番麦汁を混ぜてビールを作成します。

 

一番麦汁と二番麦汁では【味が異なる】のですが、どちらが美味しいとかではなく、それぞれの良さがあり、一番搾りは一番麦汁の特徴だけで、出来たビールと言えます。

さらに言うとキリン一番搾りは【麦芽だけで糖分を抽出】しています。

 

他の多くのビールは米やコーンスターチなどの副原料を使っていますが、キリン一番搾りは麦芽だけ!

そのため使用する麦芽量は、なんと【1.5倍】にもなるそうです。

 

一番搾りのパッケージにも麦芽100%と表記されてます。

 

「生ビール」と「ラガー」は関係ない!

 

次はラガーについてですが、まず一点強調しておきたいのが【生ビールとラガーには、全く関係がありません】

生ビールのラガーもあるし、そうでないラガーもあるんです。

1番搾りはキリンの【登録商標】ですが、ラガーは『一般的なビールの分類名称』になります。

生ビールとラガーの違いは?

 

ラガーの定義は、日本では【貯蔵工程で熟成させたビール】とされています。

もう少し調べてみると、麦汁を発酵させる工程3において使用する【酵母の種類】によってラガーかどうかが決まるのです。

 

下面発酵酵母という酵母を用いると、ビールタンクの下の方で、低温で、じっくりと時間をかけて発酵します。

このような製法で作られたビールが【ラガー】という総称で呼ばれてまいす。

 

反対にタンクの上の方で発酵する上面発酵酵母で、常温で発酵させて得られるビールを【エール】という総称で呼ぶことが多いです。

※厳密にはエールの定義は異なりますが、便宜上、エールと分類されることが多いです。

エールビールのおすすめ銘柄は?

 

ちなみに日本で製造されるビールの多くはラガービールに分類されます。

 

 

キリン一番搾りとキリンラガービールの違いのまとめ

定義の違いまとめ

一番搾りは一番麦汁だけを使ったビールで、【キリン独自のろ過方法】を用いたビールです。

ラガーは発酵方法の違いによって定義されます。

 

そのため、キリン一番搾りも、実は【分類上はラガービール】です。

ややこしいですね。

 

ただし、【キリン一番搾りスタウト】については上面発酵酵母を使用しており、【エール】の分類になると言えます。

※厳密に言うとエールではなく、スタウトと分類する方が正しい。

スタウトとは黒ビールの一種です。ややこしいですね(笑)

ぜーんぶ黒ビール!【シュバルツ/スタウト/ドゥンケル/ポーター】違いはドコ!?

 

味や価格はどう違うの?やっぱり一番の方が美味しい?

二番麦汁を使っているから味が劣るわけではありません。

それぞれには、『それぞれの良さ』があります。

 

一番搾りは、その他のビールに比べて渋みが少なく、さっぱりとした飲み口となっています。

これはその他ビールで利用される二番麦汁には、渋み成分であるタンニンなどが含まれているため、二番麦汁を使用しない一番搾りでは、その渋みが少なく【上品なコク】を持っています。

 

一方、ラガービールは二番麦汁を利用するため、渋みはありますが、それがビールのコクを深め、まろやかな味わいとなっています。

 

それぞれの値段はAmazonでの販売価格を比較すると、次のようになります。

  • キリン一番搾り¥203
  • キリンラガービール ¥187

※いずれも2017.7.18時点での価格。

一番搾りの方が、値段が少し高いですね。

キリンラガービールよりも、麦芽使用量が多く、二番麦汁も使わない分で割高になるのかもしれません。

ラガーとクラシックラガーの違いは知ってる?

 

まとめ

一番搾りは麦芽100%で一番麦汁のみしか使用しないため、麦の旨味がぎゅっと濃縮されています。

しかし二番麦汁も使うキリンラガービールには深いコクがあり、一番搾りとは違った魅力を持っています。

 

ちなみにアルコール度数は一番搾りの方が、0.5%高いので、アルコール分を少しでも欲するなら一番搾りの方がおすすめです(笑)

 

単純に『味の違い』だけではなく、キリン一番搾りとキリンラガービールの『作り方の違い』を意識しながら、飲み比べるのも面白いかもしれませんね。

 

-ビールの違い
-, ,

Copyright© お酒が飲みたいッッ!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.