ノンアルコール飲料

妊娠中のノンアルコールが大丈夫な理由|妊婦も赤ちゃんも安心

更新日:

ノンアルコール 妊娠中 妊婦

 

「ノンアルコール飲料って、妊娠中/授乳中に飲んでも大丈夫なのかなぁ」という不安の声をよく聞きます。

アルコールは当然ダメなのですが、妊娠中のノンアルコール飲料はどうなのでしょうか?

見ていきましょう。

今回は、
妊娠中のノンアルコールが大丈夫な理由|妊婦も赤ちゃんも安心
についてお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

ノンアルは妊婦でも安心

結論から言うと・・・

現在、日本国内で一般的に流通している【ノンアルコール】として販売されている飲料は、アルコール含有の心配は全くありません!

 

当然、赤ちゃんも酔っ払いません。

安心してください、アルコールは入っておりません。

 

一部、輸入品に関してはアルコール含有の可能性があるので注意が必要です。

しかし日本メーカーが出している『ノンアルコール』と書かれた飲料であれば、ビールでも酎ハイでもカクテルでも問題ありません。

 

日本メーカーのノンアルコールとして販売されているものは、必ずアルコール度数【0.00%】と記載されています。

この表記のものであれば、アルコール含有量は、果物に微量に含まれるアルコールよりも少ないレベルなので、全く問題ありません。

(当然、果物に含まれる微量のアルコールも問題ありません。)

 

注意すべきはおつまみ

ノンアルコール飲料自体は、アルコールが入っているわけでもないので、たくさん飲んでも問題ありません。

胎内の胎児に対してだけでなく。

肝臓などへの負担もありません。

 

中には人口甘味料などの添加剤を気にする人も多いのですが・・・

添加剤が胎児や赤ちゃんに悪影響を与えるという科学的根拠はありません。

 

逆に大丈夫と言い切れる根拠もありませんが、長年使用されているのに、いまだに禁止されていないという事実が【安心】の根拠なのかなと思っています。

 

ただ私は妊娠中や授乳中の人が、ノンアルコール飲料をたくさん飲むことは望ましくないと思っています。

なぜなら、ノンアルコール飲料をたくさん飲むってことは、恐らく【つまみ】もたくさん食べますよね?

ノンアルコール云々よりも、そっちの方が問題です。

つまみは塩分が高いものが多く、妊娠中、授乳中の人が食べるのはオススメできません。

 

ノンアルコール飲料の多くは炭酸入りです、炭酸は食欲増進効果があります。

たくさん飲めば、ついつい、つまみを食べ過ぎてしまいます。

 

なのでノンアルコールは、たまにの気晴らしや、旦那の晩酌のお付き合いに、ちょっとはいいと思います。

ですが、飲む量は控え目にして、カフェインフリーのお茶とかをメインで飲んだ方がいいのではないかなぁと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

アルコールが妊娠中にダメな理由

胎児や赤ちゃんというのは、身体の中の様々な機能が未発達な状態です。

その一つが『消化・分解機能』です。

 

妊娠中や授乳中にお母さんがアルコールを摂取すると、胎児や赤ちゃんは栄養と一緒にアルコールを摂取してしまいます。

分解機能が未発達な赤ちゃんがアルコールを摂取してしまった場合、アルコールがなかなか分解されずに体内に長時間残り続けることが考えられます。

この場合赤ちゃんにどんな影響が出るのかはよく分かっていません。

 

もしかしたら大した影響はないのかもしれません。

けど幼い子どもの体質は大人よりも個人差が大きく、大事に至ってしまう可能性は決して否定できません。

 

また体格が大人よりもはるかに小さいため、大人にとって極少量のアルコールでも、赤ちゃんにとっては大量のアルコールとなってしまいます。

はっきりしたことは分かってないけど、悪い影響が出る可能性が高いため、妊娠中、授乳中のアルコールは控えたほうがいいと言われているのです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

国内メーカーならノンアルコール飲料は妊娠中に妊婦が飲んでも問題ありません。

赤ちゃんも酔っ払いません。

ただ飲み方や、一緒に食べるおつまみには注意が必要かなと思います。

まぁ気晴らし用にネットでまとめ買いしといてはいかがですか?

(できれば旦那さんのために、水とお茶もネットで・・・(笑))

>>>ノンアルコール飲料おすすめランキング!!人気商品はあの・・・

-ノンアルコール飲料
-, ,

Copyright© お酒が飲みたいッッ!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.