ノンアルコール飲料

ノンアルコール飲料ってアルコール入ってる?度数や濃度はどれくらい?

ノンアルコール アルコール入ってる

 

妊娠中の人や車を運転する予定の人、健康上の理由からお酒を飲まない方がいい人。

様々な人にノンアルコール飲料は需要があります。

しかし巷では『ノンアルコールビールには基準値以下のアルコールが入っている』なんて噂もあります。

本当のところはどうなんでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

アルコール飲料の定義と酒税

みんな気にせずに使っているアルコール飲料という言葉ですが、国はちゃんと基準を作っています。

アルコールが入った飲み物=アルコール飲料という訳ではありません。

酒税法では『アルコール度数1%以上のものを酒類(アルコール飲料)』として定めています。

つまり0.9%の度数なら、ノンアルコール飲料として販売しても法律上は問題無いのです。

巷でよく言われる『ノンアルコールには基準値以下のアルコールが入っている』というのは、この酒税法の定義からきています。

 

しかしこの「酒税法の定義」と「ノンアルコールという言葉のイメージ」が噛み合っていないんですよね。

この食い違いから「ノンアルコールなのにアルコールが入っている」というように、話をややこしくしてしまっている原因になっているのです。

 

「紛らわしいから、0.1%でもアルコールが入っているものはお酒にしてしまえ」と思うかもしれません。

ですが、そうすると色々なものに酒税がかかってしまい、物価が上昇してしままいます。

そういった不具合を回避するために、法律では【1%以上のアルコール】を含むものを酒類としています。

 

例えば、調味料として売られている「みりん」は酒税法が定める酒類です。

アルコール度数が10%を越えた立派なお酒です。

スーパーなどでも、調味料売り場のみりんに関しては「これはお酒です」と言う表記がされています。

そして酒税がかかっています。

 

一方、調味料売り場には、みりんとよく似た「みりん風調味料」というものがあります。

アルコール度数が0.9%以下なのでお酒ではありません。

そのため酒税がかからず、みりんに比べて大幅に価格が安くなっています。

 

スポンサーリンク

 

ノンアルコール飲料にはアルコールは入っている?

繰り返しですが、法律では1%未満ならノンアルコールと表記しても問題ありません。

そのため、以前はノンアルコールという謳い文句でアルコール度数が0.5%のものが販売されていました。

 

しかし今現在では、日本国内で一般的に流通している国内メーカーの商品で、「ノンアルコール」とパッケージに表示されているものには、アルコールが全く入っていません。

アルコール度数が0.00%のもの以外には「ノンアルコール」という謳い文句は使われなくなっているからです。

 

何故、0.00%だけかというと、酒類の広告審査委員会が、業界全体として、【自主規制】しているからです。

ノンアルコール飲料の定義
ノンアルコール飲料とは、アルコール度数0.00%で、味わいが酒類に類似しており、満20歳以上の成人の飲用を想定・推奨しているものとする。

引用:http://www.rcaa.jp/standard/non-alcohol.html

 

詳細な過去の資料が見つからなかったため、明確な年代は分かりませんが、2000年台初期にはノンアルコールに関する自主基準は無かったようです。

その後、自主基準の改正が何度か入り、遅くとも2012年にはノンアルコールに関する自主基準が設定されています。

恐らくタイミング的に、酒気帯び運転の厳罰化が定められたタイミングで【ノンアルコール飲料は0.00%】という定義ができたものと考えられます。

 

この0.00%ですが、アルコール分が0.005%未満という意味です。

では0.005%未満のアルコール濃度は、実際にはどれくらいかと言いますと、果物に含まれる微量のアルコールなどよりも低い濃度です。

ですから、0.00%のノンアルコール飲料には、アルコールが入っていないと言いきってしまって問題ありません。

 

ただし注意が必要なのは、アルコールが入っていないと言い切れるのは、国内メーカーが作ったノンアルコールの商品だけです。

輸入品の場合は、国内の業界が設けた自主基準は適用されません。

そのため、輸入品では「ノンアルコール」と記載されているのに、アルコール度数が0.5%などの商品も存在しています。

 

ノンアルコール飲料に拡がるオールフリー

ノンアルコール飲料はアルコール度数0%(0.5%未満)から0.00%(0.005%未満)に移り変わってきました。

またアルコール度数0.00%のノンアルコール飲料で『オールフリー』と謳われた商品も数多く登場するようになりました。

このオールフリーとは、アルコール分だけでなく『糖質、プリン体、カロリー』など気になる成分が【0】ということです。

特に女性需要の高いカクテル系に関してはカロリーゼロを強調した商品が多いですね。

 

記憶は定かでは無いのですが、ひと昔前はこんなにもオールフリーの商品は無かったと思うんですけどね。

今やオールフリーは当たり前の時代になっています。

 

さらには、今のノンアルコール飲料業界の最先端はトクホ(特定保健用食品)商品です。

サッポロビールが出している『SAPPORO+』は、その先駆けですね。

ノンアルコールビール飲料としては、史上初の特保でした。

※徐々に商品数が増えてきています。

その機能は、難消化性デキストリンのチカラによって、糖の吸収を穏やかにすることができます。

食事の際に飲むといいのですが、1日1本が目安との事なので、夕飯に飲むのがいいのでは無いでしょうか?

>>>ノンアルコールビールおすすめ人気ランキングまとめ!!【特保商品】が旋風を巻き起こす!?

 

スポンサーリンク

 

まとめ

国内メーカーの商品でノンアルコールと表記されたものは、本当にノンアルコールです。

万が一、入っているとしても銀行の金利より低い割合なので、アルコールが飲めない人も安心して飲めると言えますよ♪

お酒のめちゃくちゃ怖い話|健康リスクを把握しよう

「まさか自分が?」

誇張なしに本気で青ざめました。

飲み会ともなれば、かけつけ3杯とビールを飲み、日本酒の5合6合を飲み、果てにはワインやウィスキー、なんでもござれな私。

自他ともに認める上戸タイプ・・・だと思っていました。

ですが・・・なんと「飲酒による健康リスクが最も高いタイプ」という結果がでてしまうとは。

アルコール感受性遺伝子カード 結果

ALDH2遺伝子型 健康リスク少量の飲酒でさえも、食道がんのリスクが8.84倍、3合以上の飲酒で114倍。

こう数字で見せつけられると、マジでくるものがありますね。

私も早死にしたくはないですから、今後は飲酒に対する意識の改善をしていくことを固く決意させられました。

この結果は、アルコール感受性遺伝子検査によるものです。

ADH1BとALDH2という、ふたつの遺伝子パターンをチェックし、9分類にタイプ分けされます。

もし、飲み過ぎや健康診断で悩んでいるのであれば、一度受けておくことでずっしりと思い知らされるかもしれませんよ。

「でも、けっこう高いんじゃないの?」

いいえ、価格は飲み会一回程度(5,276円)です。

自宅で簡単に遺伝子検査ができると思えば、安いものではありませんか?

アルコール感受性遺伝子検査キット

「自分は飲める」こう思っている人ほど注意が必要です。かくいう私がそれでした。自分や大事な子供の飲酒による健康リスクがどの程度なのかを把握し、長い人生におけるアルコールとの付き合い方を見直しましょう。

-ノンアルコール飲料
-,

Copyright© 超お酒が飲みたいッッ!! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.