ノンアルコール飲料

ノンアルコール飲料ってアルコール入ってる?度数や濃度はどれくらい?

更新日:

ノンアルコール アルコール入ってる

 

妊娠中の人や車を運転する予定の人、健康上の理由からお酒を飲まない方がいい人、様々な人にノンアルコール飲料は需要があります。

>>>ノンアルコールって妊娠中はアリ?【妊婦と胎児への影響】は?

>>>ノンアルコール飲料で飲酒運転はウソ・ホント?【意外な落とし穴】が・・・?

 

しかし巷では『ノンアルコールビールには基準値以下のアルコールが入っている』なんて噂もあります。

本当のところはどうなんでしょうか?

ということで今回は、
ノンアルコール飲料ってアルコール入ってる?度数や濃度はどれくらい?
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

アルコール飲料の定義

みんな気にせずに使っているアルコール飲料という言葉ですが、国がちゃんと基準を作っています。

『アルコールが入った飲み物=アルコール飲料』という訳ではありません。

酒税法では『アルコール度数1%以上のものを酒類(アルコール飲料)』として定めています。

つまり0.9%のアルコールが入っていたとしても『ノンアルコール』として販売しても法律上は問題無いのです。

 

巷でよく言われる『ノンアルコールには基準値以下のアルコールが入っている』というのは、この酒税法に定められた定義からきています。

 

しかしこの「酒税法が便宜上で定めているお酒の定義」と、「一般の人が認識しているノンアルコールという言葉のイメージ」が噛み合っていないんですよね。

このことで『ノンアルコールなのにアルコールが入っている』というように、話をややこしくしてしまっている原因になるのです。

 

「紛らわしいから、0.1%でもアルコールが入っているものはお酒にしてしまえ」

と思う方もいるかもしれませんが、そうすると色々なものに酒税がかかってしまい、物価が上昇してしまう不具合が生じてしまいます。

そういった不具合を回避するために、法律では【1%以上のアルコール】を含むものを酒類としています。

 

例えば、調味料として売られている【みりん】は酒税法が定める酒類です。

アルコール度数が10%を越えた立派なお酒です。

スーパーなどでも、調味料売り場のみりんに関しては『これはお酒です』と言う表記がされています。

そして酒税がかかっています。

 

一方、調味料売り場には『みりん』とよく似た『みりん風調味料』というものがあります。

アルコール度数が0.9%でお酒ではありません。

そのため酒税がかからず『みりん』に比べて価格が、かなり安くなっています。

>>>みりんと料理酒の違いとは【味と使い方】よりもアレが・・・

 

スポンサーリンク

 

ノンアルコール飲料にはアルコールは入っている?

法律では1%未満ならノンアルコールと表記しても問題ありません。

そのため、以前はノンアルコールという謳い文句でアルコール度数が0.5%のものが販売されていました。

 

しかし、今現在では、日本国内で一般的に流通している国内メーカーの商品で、『ノンアルコール』とパッケージに表示されているものに関しては、アルコールは【全く】入っていません。

アルコール度数が0.00%のもの以外には『ノンアルコール』という謳い文句は使われなくなっているからです。

 

何故、0.00%だけかというと、酒類の広告審査委員会が、業界全体として、【自主規制】しているからです。

ノンアルコール飲料の定義
ノンアルコール飲料とは、アルコール度数0.00%で、味わいが酒類に類似しており、満20歳以上の成人の飲用を想定・推奨しているものとする。

引用:http://www.rcaa.jp/standard/non-alcohol.html

 

詳細な過去の資料が見つからなかったため、明確な年代は分かりませんが、2000年台初期にはノンアルコールに関する自主基準は無かったようです。

その後、自主基準の改正が何度か入り、遅くとも2012年にはノンアルコールに関する自主基準が設定されています。

恐らくタイミング的に、酒気帯び運転の厳罰化が定められたタイミングで【ノンアルコール飲料は0.00%】という定義ができたものと考えられます。

 

この0.00%ですが、アルコール分が0.005%未満という意味です。

では0.005%未満のアルコール濃度は、実際にはどれくらいかと言いますと、果物に含まれる微量のアルコールなどよりも低い濃度です。

ですから、0.00%のノンアルコール飲料には、アルコールが入っていないと言いきってしまって問題ありません。

 

ただ注意が必要なのは、アルコールが入っていないと言い切れるのは【国内メーカーが作ったノンアルコールの商品だけ】です。

輸入品の場合は、国内の業界が設けた自主基準は適用されません。

そのため、輸入品では『ノンアルコール』と記載されているのに、アルコール度数が0.5%などの商品も存在しています。

 

ノンアルコール飲料のトレンド

ノンアルコール飲料はアルコール度数0%(0.5%未満)から0.00%(0.005%未満)に移り変わってきました。

またアルコール度数0.00%のノンアルコール飲料で『オールフリー』と謳われた商品も数多く登場するようになりました。

このオールフリーとは、アルコール分だけでなく『糖質、プリン体、カロリー』など気になる成分が【0】ということです。

特に女性需要の高いカクテル系に関してはカロリーゼロを強調した商品が多いですね。

 

記憶は定かでは無いのですが、ひと昔前はこんなにもオールフリーの商品は無かったと思うんですけどね。

今やオールフリーは当たり前の時代になっています。

 

さらには、今のノンアルコール飲料業界の最先端は【トクホ(特定保健用食品)】です!

サッポロビールが出している、『SAPPORO+』は、ノンアルコールビールで『史上初の特保』です。

その機能は、難消化性デキストリンのチカラによって、糖の吸収を穏やかにすることができます。

食事の際に飲むといいのですが、1日1本が目安との事なので、夕飯に飲むのがいいのでは無いでしょうか?

>>>ノンアルコールビールおすすめ人気ランキングまとめ!!【特保商品】が旋風を巻き起こす!?

 

スポンサーリンク

 

まとめ

国内メーカーの商品でノンアルコールと表記されたものは、本当にノンアルコールです。

万が一、入っているとしても銀行の金利より低い割合なので、アルコールが飲めない人も安心して飲めると言えますよ♪

毎日の晩酌が4倍楽しくなるヒミツ

お酒を美味しく飲む秘訣はグラスにあり!

下記の記事にて、お酒を4倍美味しく飲めるグラスについて特集しました。晩酌の楽しみをワンランクアップしたい方は、こちらの記事を参考にして下さい。

グラス 高級 酒器 お酒
高級グラスでお酒を飲むと4倍美味しくなる理由

  あなたは、お酒を飲む時にどんなグラスを使っていますか? どこにでも ...

続きを見る

-ノンアルコール飲料
-,

Copyright© お酒が飲みたいッッ!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.