お酒の悩みまとめ

未成年がお酒を飲んではいけない理由『子供が飲酒するとヤバイリスクが・・・』

更新日:

未成年 子供 飲酒

「お酒は二十歳になってから」という標語はテッパンですが、なぜ未成年者は飲酒してはいけないのか。

その理由は、『法律で決まっているから!』

・・・ということはもちろんながら、そのベースには、まだ発達途上にある子供の体にアルコールはよろしくない作用をもたらすから、という理由があります。

 

当り前のことではありますが、事細かくに理由を言える人は少ないのではないでしょうか。

解説していきます。

 

ということで、
未成年がお酒を飲んではいけない理由『子供が飲酒するとヤバイリスクが・・・』
をお送りします。

>>>ノンアルコール飲料「子供は買える?」法律的には・・・?

 

 

スポンサーリンク

 

法規制の中身とは

まず、認識しておきたいのが『未成年者飲酒禁止法』の中身です。

日本では、1922年から法律として未成年者の飲酒を禁止しています。

(逆にこう考えると、それまでは、割と自由だった・・・?)

 

内容としては、本人の飲酒を禁じると同時に、親は飲酒を止めなければならないし、見過ごした場合には科料に処せられるとなっています。

また、未成年者に酒類を販売してはならないし、年齢確認等の対応をすることも定められています。

もちろん、親以外でもおとなが未成年者の飲酒を多めに見ることも、科料の対象とされています。

 

余談ですが・・・

私の幼少時は、まだまだ規制が緩い世の中だったことも手伝ってか・・・

小学生時分に、普通にビアガーデン連れていかれ、飲まされた記憶が・・・(笑)

 

クソ親ですねw

 

お酒が体内にもたらす効果とは

日本以外の諸外国でも、未成年者の飲酒を禁じる国は多くあります。

ですが、日本人は一概には「大人になったからと言って大丈夫!」とは言いにくく、欧米人と比較すると、遺伝的にお酒に弱い人が多い事が確認されています。

 

これは何故なのでしょうか。

仕組みを見ていきましょう。

 

お酒が身体に入ると?

お酒=アルコールが体内に入るとどうなるか。

アルコールは、胃と腸で吸収され血流を通じて肝臓に送られます。

 

そこで、アルコール脱水素酵素(ADH)と呼ばれる酵素によってアセトアルデヒドに分解されます。

このアセトアルデヒドの作用によって、顔が赤くなったり呼吸が早くなったりするんですね。

 

お酒の強い人、弱い人の違い

体内にできたアセトアルデヒドは、次にアセトアルデヒド脱水酵素(ALDH)によって酢酸へと分解されます。

そして、酢酸は他の酵素等の働きで水と二酸化炭素に分解される、という工程をたどります。

 

つまり、

【アルコール → アセトアルデヒド → 酢酸 → 水+二酸化炭素】

という、体内のアルコール代謝が早い人はお酒に強く、遅い人がお酒に弱いのです。

(そもそも分解酵素自体が不活性の人もいて、その人は最初から飲めない)

 

こうした、アルコールを代謝する酵素の量や、働き具合は、遺伝によるといわれ、欧米人の多くは非常に活性の高い酵素を遺伝的に持っているので、日本人よりお酒に強い人が多いのです。

>>>アルコール感受性遺伝子分析キットで、健康障害リスク早めの対策!

ちなみに、いわゆる「酔っ払い」や「二日酔い」といった不快な症状を起こす原因は、主にアセトアルデヒドのせいです。

 

アセトアルデヒドとアルコール

では、悪いのは「アセトアルデヒド」で、「アルコール」そのものは関係ないのかというと、もちろんあります。

大雑把にいうと、アルコールによる酔いとアセトアルデヒドによる酔いが合わさって、酔っ払い状態になる、というイメージでしょうか。

アルコールは、脳を外敵から守っている関所を通り抜けられるため、脳を麻痺させてしまう作用があります。

軽く酔ってくると楽しくなったり、嫌なことを忘れられたりするのもこの作用によるもので、さらに酔いが進むと、ふらふらと千鳥足になるなど、運動機能に支障が出るのも脳の麻痺のせいです。

 

この辺りも、未成年にお酒がNGといわれる大きな要素になります。

 

スポンサーリンク

 

お酒の子どもへの影響

さて、未成年に話を戻しましょう。

 

子どもの体は成長途上。

子どもといっても年齢に幅はありますが、基本的に骨や脳、臓器なども、まだ完全に成長しきっていない年代における飲酒は、深刻な悪影響を及ぼすと見られています。

つまり、成長期の脳への悪影響は、脳そのものだけでなく、ホルモンバランスを崩したり各臓器の障害を引き起こしたりと、体全体に及んでしまうのです。

 

さらに、既に見てきたように、体の中でアルコールを分解・代謝する機能がまだ十分にないことから、アルコール中毒に陥る可能性も高く、命の危険にも晒されることになります。

 

また、それらの身体的機能や成長への悪影響以外にも、アルコールは依存性が高いという問題があります。

おとなのような社会的立場などの抑制要素が少なく、感情のコントロール力が未熟、といった理由から『未成年者はアルコール依存症になりやすい』といわれています。

 

スポンサーリンク

 

やっぱり、二十歳になってから

以上、見てきたように、アルコールを飲む行為は、明らかに人体に非日常的負荷をかけることになります。

おとななら、適量の酒は百薬の長、ですが、成長途上の未成年には百害あって一利なし、というのが現実です。

 

つまり、未成年者の飲酒が法律で禁じられていることには、明確に健康上の理由があるからです。

次世代を担う若者の健康を守ることは、間違いなくおとなの務めですね。

 

年末、お正月、春の入学・卒業シーズンなど、未成年者がお酒に触れる機会が増える時期には、特におとなは気をつけなくてはなりません。

また、忘新年会シーズンなどは、酔いつぶれてみっともない姿を若者たちにさらさないように、おとなたちもカッコよくお酒と付き合いたいものです。

-お酒の悩みまとめ
-, ,

Copyright© お酒が飲みたいッッ!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.