日本酒まとめ

獺祭【人気の火種】はエヴァ×安倍総理にあった!名前の由来は一体・・・?

更新日:

獺祭 エヴァンゲリオン 安倍総理 人気 由来

 

「日本酒は好きだけど、あまり銘柄は詳しくないんだよなぁ・・・」

そんな人でも聞き覚えがあるであろう銘柄が「獺祭」(だっさい)です。

 

洋梨を思わせる吟醸香。

口の中でふくらむ、芳醇な旨み

日本酒に馴染みがなくても、美味しいと感じさせてくれる獺祭。

 

美味しい日本酒を飲みたい、という人や、プレゼントにどの銘柄がいいか迷っている人にも勧めやすいのが獺祭です。

美味しさの評判は高いですし、その知名度も抜群です。

 

私も気付かないうちに「獺祭」の名前を知った一人です。

一体いつからこんなにメジャーになったのでしょう?

知っておくと、話のネタにちょうど良さそうですよ!

なにせ、CMを打たずに「日本一有名」とまで称される日本酒ですから!

 

そんな獺祭が有名なったきっかけを、年代順に追ってみましょう。

というわけで
獺祭【人気の火種】はエヴァ×安倍総理にあった!名前の由来は一体・・・?
をお送りします。

 

>>>獺祭14種類ランクまとめ『日本酒界の革命児の進化が止まらない!』

 

スポンサーリンク

 

 

アニメ『ヱヴァンゲリヲン』に登場

普段アニメを見ない人でも、『エヴァンゲリオン』の名前は見聞きしたことがあると思います。

エヴァと略されてもいます。

コンビニのくじや、パチンコの台で見たことがある人もいるでしょう。

 

エヴァンゲリオンは1995年にテレビ放送されたアニメです。

深夜に再放送され、一大ブームを巻き起こしました。

 

OPの主題歌である『残酷な天使のテーゼ』は、エヴァを見たことがない人も聴いたことはあるのではないでしょうか?

なんと今では、Amazonミュージックでプライム会員は聴き放題になっていますね・・・!

「ざ~んぅ~こくぅな天使のテーゼェ~♪」

 

まだプライム会員ではない方は、是非こちらからどうぞ~。

 

TV放送当時にも劇場版は公開されたのですが、その後、10年の時を超え、再び新シリーズとして劇場版を公開しています。

(と言っても、どん亀公開過ぎて、完結が危ぶまれる声も・・・)

 

私もTV版や旧劇場版はハマりましたね~。

え?新劇場版・・・?

そ、そのうち見るさっw

※ちなみ、旧アニメ/旧劇場版はエヴァンゲリオン、新劇場版はヱヴァンゲリヲンという表記です。(エとオが違う)

 

そんなエヴァに登場するミサトさんは、酒豪の女性。

2007年に公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』では、ミサトさんが獺祭を愛飲しているシーンが出て来ます!

 

監督である庵野氏の遊び心なのでしょう。

実在するお酒でもあり、ファンの中で獺祭が話題となりました。

普段日本酒を飲まなくても、エヴァをきっかけに獺祭に手を伸ばした人も多いと言われています。

 

ユニクロ新店の鏡開きに使われている

2007年にフランスのパリに進出したユニクロ。

そのパリ店のオープン祝いには、獺祭の鏡割りが行われたそうです。

以来、バンコクやニューヨークでも、獺祭の鏡割りは行われていましたが……。

 

2012年にユニクロの店舗の中では最大規模である、12階建ての新店を銀座にオープン。

そのときは、各フロアに計12個の獺祭の樽を置き、一斉に鏡割りをしたそうです。

 

ユニクロのロゴが入った枡に獺祭を注ぎ、約1000人の招待客に振る舞われたそう。

樽酒が獺祭とはなんとも豪華な話ですよね!

 

安倍総理が各大統領に贈ったお酒

獺祭が頻繁にメディアに取り上げられるようになったのは、安倍総理による力も大きいでしょう。

2013年に行われた日露首脳会談において、プーチン大統領に贈られたのが、獺祭と萩焼のぐい飲みです。

その日はプーチン大統領の誕生日で、安倍総理からのプレゼントです。

 

2014年にも、オバマ元大統領の来日を記念して、獺祭と江戸切子のぐい飲みをプレゼントしています。

 

 

「安倍総理が贈った日本酒はどんなものなのか!?」

 

それまでの獺祭の評判の良さも相まって、獺祭の知名度がぐんと上がりました。

 

エヴァの庵野監督。

ユニクロの親会社的な企業である、ファーストリテイリングの会長兼社長、柳井氏。

そして安倍総理は、三人とも山口県出身です。

 

獺祭を造っている会社、旭酒造は山口県にあります。

こだわり抜いて造られた獺祭を、三人とも誇りに思っているのかもしれません。

 

日本酒「獺祭」に込められた、ふたつの意味

「だっさい」を変換するとすぐに「獺祭」が出てきます。

言葉としては古くからあるものです。

ですが商品名として使うことに対して、賛否両論があったそうです。

 

定着した今では想像しづらいですが、音の響きが『ダサいと似ている』ことも指摘されたそう。

漢字も難しいですよね。

 

獺祭と名付けたのには、正岡子規に倣った「革新」と、酒蔵がある地名から由来しています。

まずは獺祭ということばそのものの意味をおってみましょう。

 

中国にいたカワウソの習性から生まれた意味

古代の中国で儒学者がまとめた『礼記(らいき)』には、「獺祭魚(だっさいぎょ)」という言葉があります。

 

「獺」はカワウソ。

獺(たつ)魚(うお)を祭る、となります。

 

中国のカワウソ(カワウソ=ユーラシアカワウソ)に見られた、独特の習性から生まれた言葉です。

カワウソは通常、魚を捕って食べ、また水中に捕りにいきます。

 

一方で、捕った魚を食べずに、川岸に並べる個体がいます。

全てのカワウソが、ということではなく、そんなことをする個体が見られる、という感じです。

 

当然、並べている間に、他の動物に盗られてしまうこともあります(^_^;)

理由は不明ですが、おもしろい行動ですよね。

 

古代の中国では儒教が広く説かれています。

周から漢の時代にかけて、儒学者がまとめた『礼記(らいき)』の中で、カワウソのそんな行動を祭儀に見立てています。

 

並べられた魚を供物とし、先祖を祀(祭)っている、と。

そこからカワウソが魚を並べる行為を「獺祭魚(だっさいぎょ)」「獺祭」と呼ぶようになります。

 

また、正月16日から20日までに行う、先祖供養の行事を獺祭とも呼ぶようにもなります。

旧暦での正月です。

 

それゆえ獺祭魚・獺祭は、季語としても使われ、松尾芭蕉もこんな俳句を詠んでいます。

 

獺の祭見て来よ瀬田の奥

(かわうその まつりみてこよ せたのおく)

 

さらに中国の晩唐では、政治家であり詩人の、李商隠が自ら「獺祭魚・獺祭」と号しました。

文章を作るさい、多くの参考書を自分の周りに並べるように置いた様子を、「獺祭」と比喩したのです。

そこから転じて、多くの書物を調べ、引用する人の様子を指す意味も獺祭に加わりました。

 

正岡子規も「獺祭書屋主人(だっさいしょおくしゅじん)」と別号しています。

正岡子規の命日である9月19日は、子規忌や獺祭忌などと呼ばれています。

 

スポンサーリンク

 

俳諧から俳句を独立させた正岡子規

「正岡子規って教科書に載っていたけど、どんな人だったっけ?」

と、私もピンと来なかったうちの一人です。

でもこの俳句は知っているはず。

 

柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺

 

正岡子規が詠んだ俳句です。

さらに、この「俳句」という言葉は正岡子規が名付けたものです。

 

鎌倉時代、和歌から派生した「連歌(れんが)」詠まれるようになります。

連歌は貴族的な嗜みとして広まり、室町時代に大成します。

 

室町時代の後半からは、連歌から俳諧(はいかい)が派生しています。

連歌をもっと庶民的に、かつ面白いものとして工夫し、詠まれたものが俳諧です。

 

俳諧は江戸時代に盛んになり、明治初期まで花を咲かせています。

俳諧の芸術性を高めたのが、松尾芭蕉とされています。

 

時代が下って、松尾芭蕉が神格化されていきます。

西洋哲学を学んだ正岡子規は、芭蕉の高名な俳諧を批判しました。

すべての功績を否定したのではありません。

俳諧に説明的、散文的な要素があることを批判し、詩としての純粋性を求めました。

 

子規は、それまで十分な評価を得ていなかった、蕪村の句に注目しています。

技法的に洗練されていて、鮮明な印象を与えていることを称賛しました。

 

子規は俳諧の中の一句・発句(ほっく)を「俳句」と呼び、俳句革新を志します。

西洋の哲学に触れた子規は、簡潔な描写が文学や美術に、大きな効果を生むと確信しました。

「写生」の手法が重要であると説き、視覚的な俳句を詠んでいます。

 

この俳句革新は日本に大きな反響を及ぼしました。

それまで低迷していた俳句界が活気づいたのも、子規の功績と言えるでしょう。

 

旭酒造は、正岡子規の姿勢に倣うように、彼の別号「獺祭書屋主人」にちなんで「獺祭」の名を日本酒につけたのです。

 

「酒造りは夢創り、拓こう日本酒新時代」

 

をキャッチフレーズとし、革新的である日本酒造りを志しています。

 

カワウソに由来する地名「獺越(おそごえ)」

旭酒造の蔵がある場所は「獺越(おそごえ)」で、カワウソが絡んだ土地です。

 

山形県が萩藩だった頃、作成した『地価上申』というものがあります。

各村の石高や由来、村の境界などを記したもので、その中に獺越の由来もあるとのこと。

 

カワウソは妖怪としての一面も持っています。

その昔『川上村に古い獺がいて、子供を化かして当村まで追越してきた 』という言い伝えから、獺越の地名がついたそうです。

山口県から東京進出を図った旭酒造ですが、地元との結びつきを大事にしている面が伺えますね。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

有名さだけではなく、込められている意味を知ると、違った奥深さを感じられませんか?

ゆっくりと獺祭を味わいながら、うんちくをツマミに飲むのも粋なものですよ♪

>>>獺祭14種類ランクまとめ『日本酒界の革命児の進化が止まらない!』

毎日の晩酌が4倍楽しくなるヒミツ

お酒を美味しく飲む秘訣はグラスにあり!

下記の記事にて、お酒を4倍美味しく飲めるグラスについて特集しました。晩酌の楽しみをワンランクアップしたい方は、こちらの記事を参考にして下さい。

グラス 高級 酒器 お酒
高級グラスでお酒を飲むと4倍美味しくなる理由

  あなたは、お酒を飲む時にどんなグラスを使っていますか? どこにでも ...

続きを見る

-日本酒まとめ
-, , , ,

Copyright© お酒が飲みたいッッ!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.