獺祭まとめ

獺祭が人気の理由|旭酒造の苦難の歴史とは

獺祭 種類 ランク

 

2ヶ月位前のことですが、学生や宴会向けの安い居酒屋に行った時のこと。

壁に貼られた『獺祭(だっさい)あります』の文字を見て驚きました。

え、こんなところでも飲めるの!? と。

 

あからさまにそこだけ、安居酒屋ではないお値段。

一合で1500円くらいしていたと思います。

飲み会の席(割り勘)だったため、注文はしませんでしたが……。

 

ちなみに獺祭が高い理由は至極真っ当なものです。何故なら純米大吟醸酒しかないから!

純米大吟醸酒は、獺祭のみならず、日本酒の中で一番グレードが高いものです。

>>>日本酒の種類が深すぎる!!【違いの分かる】酒飲みになろう!

 

いやぁ、しかし驚きました。

獺祭が高いのは知っていましたが、それ以上に「手に入らないもの」「出回らないもの」と勝手に思い込んでいたからです。

 

流通について調べてみると、一時期よりも大分、落ち着いて手に入りやすくなっていることに気付きました。

それどころか、すごくユニークな獺祭も発見してしまったのです!

 

特に、私のように色眼鏡で見ていた人には、是非知って欲しい。

  • そんな造り方が!?
  • そんな理由が!?

とワクワク出来ますから♪

 

話題のお酒だけど、どれを選んだらいいのかわからない人や、プレゼントで迷っている人。

日本酒にあまり馴染みがない人も、ちょっと立ち寄ってみて下さい。

獺祭の人気の理由や、評判の良さに納得できるかもしれません!

 

※西日本豪雨災害で被害を受けた際のボトルが登場しました。

この売上の一部は義援金とされるということです。

島耕作ボトルについて詳しくはこちら。

>>>獺祭×島耕作コラボ|西日本豪雨災害チャリティボトルが登場!

 

というわけで、
獺祭が人気の理由|旭酒造の苦難の歴史とは
をお送りします!

>>>獺祭【人気の火種】はエヴァ×安倍総理にあった!名前の由来は一体・・・?

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

年商100億円超え!倒産寸前から始まった旭酒造

「獺祭」を造っている旭酒造についてお話します。

社長の経営手腕が話題になり、ドキュメント番組(カンブリア宮殿)でも取り上げられた酒造会社です。

日本酒自体に興味がない人でも、獺祭が生まれた背景や、経営方針を楽しめるかもしれません。

 

旭酒造の経営難が獺祭を産みだした

日本酒の国内での消費率は年々右肩下がりです。

1975年が消費のピークで、その後回復しないまま、35年で、なんと3分の1まで落ち込みました。

ピーク時は全国に3000以上あった蔵元が、半数以下まで廃業してしまっています。

 

今でこそ獺祭で注目を集めている旭酒造も、その煽りを受けていた時期があります。

1984年、旭酒造の社長の桜井氏が34歳で父親の後を継いだとき、事実上の倒産状態、廃業寸前だったといいます。

その当時の売り上げは、前年比85%(9700万円)だったそうです。

 

2016年の決算(9月期)で、108億の売上高を誇る酒造会社とは、とても思えませんよね。

特に2016年は前年と比べ、倍近い売上高を計上しています。

 

そんな旭酒造は、山口県の岩国市にある蔵元。

桜井氏が継いだときは、岩国4番手と言われ、規模も小さい蔵元でした。

 

その頃の旭酒造の主戦力は『旭富士』という銘柄の普通酒です。

悪化していく業績に対し、桜井氏は「なぜ売れないのかを突き詰めて考えた」と言います。

求められている酒は、『酔うため売るための酒 』 ではなく、『味わう酒』ではないのか。そのためには酒の質を追い掛けていくしかないんじゃないか、と思うようになった。それが大吟醸酒だった。

「獺祭(だっさい)」で日本酒の活路を開いた「山口の小さな酒蔵」——旭酒造より引用

 

この考えの元、完成したのが純米大吟醸酒「獺祭」です。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

容易ではなかった大吟醸酒への道

吟醸ブームと呼ばれる現代。

吟醸、大吟醸はどれも似たような味、なんていう声もあります。

 

しかし、獺祭が販売されたのは1990年。

今から27年も前のことです。

※2017年11月現在より数えて。

 

しかも当時の旭酒造は、吟醸酒を造ったことがなかった!

旭酒造は規模こそ小さかったものの、江戸時代から200年続く酒蔵です。

それでも、吟醸酒は初めての取り組み。

しかも目指しているのは「純米大吟醸酒」です。

 

獺祭は、6年もの時をかけ、試行錯誤を繰り返した末に完成したのです。

 

その時代に「量よりも質」を掲げ、吟醸酒を造りに取り組む。

業績は不振なままなので、成功しなければ壊滅的な打撃を受けていたかもしれません。

 

獺祭は完成しましたが、それだって売れなければダメですよね。

純米大吟醸酒は、原価も高く、コストもみっちり詰まっています。

 

桜井氏は、地元では食っていけないと考えて、東京進出を図り、ドブ板営業から始めたと言います。

「獺祭」を一躍スターダムにのし上げた手腕は、見事という他はないでしょう。

 

ちなみに1990年に販売された獺祭は、精米歩合50%と45%のもの。

旭酒造は、日本で最高の精米歩合による、酒造りを目指し……。

1992年には『獺祭 磨き二割三分』を販売。

今や獺祭の看板になっています。

当初かかった7日間(168時間)という精米時間は、今もほとんど変わりがないそうです。

 

地ビールの大失敗が、今の旭酒造を造った

獺祭が軌道に乗り始め、順調に思われた1998年、旭酒造は再び倒産の危機を迎えます。

 

その頃の酒蔵では、一般的に杜氏を棟梁とした蔵人が酒を仕込んでいました。

酒造りは農家の出稼ぎで賄われていました。

蔵元はその酒を販売する側です。

 

ですが農村の高齢化が進むにつれて、杜氏制度の存続が危うくもなっていき・・・。

酒造りは冬の仕事であるため、正社員として若手を雇おうしても、夏は仕事がありません。

 

その解決策として手を出したのが地ビールとレストラン経営です。

当時は地ビールに参入するなら、『飲食店を持たなければならない』という決まりがあったのです。

 

夏は地ビールを造り、冬は日本酒を造れば、若い人を雇える。

将来的に酒蔵が自社で生産する形がとれると目論み……

 

結果は大失敗。

当時の年商と同等の1億9千万の損害です!

 

それにより、経営危機説が流れ、杜氏が翌年酒造りに来なかったのだとか。

桜井氏は、数日後「自分たちで造る」と決断し、杜氏制度を廃止します。

酒造の社員と共に酒造りを開始し、結果としてそれが功を奏しました。

 

冬だけでなく、1年を通して造る四季醸造も始めます。

生産量も上がり、品質上の問題にもすぐに対処できるようにもなっていきました。

 

地ビールの失敗を受け、桜井氏は、こう語りました。

「何よりもやっぱり酒蔵をやりたい、酒蔵で成功することが一番やりたいことだと思い知った」

 

通人だけがわかる美味しさは要らない。

誰が飲んでも美味しい酒を造ることを理念とする旭酒造。

現在は磨きだけでなく、違った方向からアプローチをし、様々な獺祭のスタイルを見せています。

>>>獺祭14種類ランク&値段の違いまとめ|おすすめ人気銘柄と最高級品『遠心分離』とは

 

まとめ

あの獺祭が倒産の危機にあったとは、とても今では考えられないことですよね。

エヴァや安倍総理の後押しもありましたが、今後とも人気を持続していって頂きたいものです。

>>>獺祭【人気の火種】はエヴァ×安倍総理にあった!名前の由来は一体・・・?

お酒のめちゃくちゃ怖い話|健康リスクを把握しよう

「まさか自分が?」

誇張なしに本気で青ざめました。

飲み会ともなれば、かけつけ3杯とビールを飲み、日本酒の5合6合を飲み、果てにはワインやウィスキー、なんでもござれな私。

自他ともに認める上戸タイプ・・・だと思っていました。

ですが・・・なんと「飲酒による健康リスクが最も高いタイプ」という結果がでてしまうとは。

アルコール感受性遺伝子カード 結果

ALDH2遺伝子型 健康リスク少量の飲酒でさえも、食道がんのリスクが8.84倍、3合以上の飲酒で114倍。

こう数字で見せつけられると、マジでくるものがありますね。

私も早死にしたくはないですから、今後は飲酒に対する意識の改善をしていくことを固く決意させられました。

この結果は、アルコール感受性遺伝子検査によるものです。

ADH1BとALDH2という、ふたつの遺伝子パターンをチェックし、9分類にタイプ分けされます。

もし、飲み過ぎや健康診断で悩んでいるのであれば、一度受けておくことでずっしりと思い知らされるかもしれませんよ。

「でも、けっこう高いんじゃないの?」

いいえ、価格は飲み会一回程度(5,276円)です。

自宅で簡単に遺伝子検査ができると思えば、安いものではありませんか?

アルコール感受性遺伝子検査キット

「自分は飲める」こう思っている人ほど注意が必要です。かくいう私がそれでした。自分や大事な子供の飲酒による健康リスクがどの程度なのかを把握し、長い人生におけるアルコールとの付き合い方を見直しましょう。

-獺祭まとめ

Copyright© 超お酒が飲みたいッッ!! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.