獺祭まとめ

獺祭焼酎39度がまずいって本当?飲み方と味の特徴まとめ

投稿日:

獺祭 焼酎

 

獺祭のラインナップの中に焼酎があることをご存知でしょうか?

旭酒造が製造している唯一の焼酎として人気を博しています。

 

でも・・・「日本酒の酒造がうまい焼酎作れるの?」って思いますよね。

そこで今回は、獺祭焼酎の美味しい飲み方や味の特徴評価をまとめて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

獺祭の焼酎とは?

「獺祭 焼酎 39度」は旭酒造が製造している唯一の焼酎です。

これは、「粕取り(かすとり)焼酎」と呼ばれる種類の焼酎です。

「カストリ」と聞くと、終戦直後の粗悪なお酒が連想されますが、これとは全く別ものです。

粕取り焼酎は、日本酒を製造する過程で出る副産物(酒粕)を蒸留してつくります。

本来の粕取り焼酎とは、少量しか作られていない希少な焼酎なんですよ。

 

味の評価

獺祭の焼酎を飲んだ人の感想を聞くと、「芋・麦焼酎とは違う」「飲んだことがないタイプの焼酎」という風に言われることが多いです。

具体的に味わいについて調べると、

  • 米の優しい甘さを感じる
  • 日本酒の獺祭よりすっきりした味わい
  • 獺祭特有のフルーティーな香りがした

といった口コミが見られました。

 

日本酒の獺祭を作る際に出る酒粕(さけかす)を使っているため、獺祭ならではの香りを楽しめる焼酎に仕上がっているのですね。

  • 「今までの焼酎とは違う味わいを探している」
  • 日本酒の獺祭が好きで焼酎にも挑戦したい」

という方にピッタリでしょう。

 

獺祭の焼酎はまずい!?

他の焼酎とは違う、独特の味わいが人気の獺祭焼酎ですが、一方で微妙な反応も見られます。

  • アルコール刺激が強すぎる
  • よく味がわからなかった
  • むせ返りそうになる

という口コミもあるんです。

一般的な焼酎とは違った味わいなので、好き嫌いがわかれるようですね。

 

特に、普段お酒を飲まない人にとっては、アルコールの刺激が強すぎるのかもしれません。

もし飲みにくいと感じた場合は、お湯割りにしましょう。

香りは若干飛んでしまいますが、味がマイルドになり飲みやすくなりますよ!

 

獺祭の焼酎の飲み方

獺祭の焼酎は「水割り」で飲むのがオススメです!

ストレートやロックで飲むと、濃すぎて味わえないという人がほとんどでした。

 

獺祭の焼酎は、アルコール度数が39%もあります。

一般的に販売されている焼酎は20~25度なので、かなり度数が高い部類と言えますね。

 

また、合わせる食べ物はさっぱりした日本料理がいいでしょう。

獺祭の焼酎は甘めの味わいなので、素材そのものを生かした料理と良く合います。

刺身と合わせるのも良いですね。

口の中の生臭さをサッパリ取り除いてくれますよ!

 

スポンサーリンク

 

獺祭焼酎は手に入りにくい?

獺祭は基本的に手に入りにくいことで知られています。

そもそもの量が少なく特約店にしか正式に出してないのでそこで買うしかないです。

簡単に買えないからこそあの値段で転売されるので定価で手に入れるのは難しいでしょう。

引用:yahoo知恵袋

 

特にこの「獺祭 焼酎 39度」は入手困難を極めているようです。

「獺祭ショップweb店」では取り扱いがなく、正規販売店でも入荷と同時に売り切れてしまうことが多いみたいです。

少量しかつくられないレア感が、また一層欲しくなっちゃいますね(笑)

 

そのほかの入手方法としては、楽天やAmazonでしょうか。

これらのショップでは定価購入が難しく、相場は4000~8000円となっていました。

メーカー希望小売価格は3,240円なので、かなりのプレミアム価格ですね・・・

どうしてもすぐに飲みたいときだけ使いたいものです。

 

まとめ

獺祭焼酎は、人によって好みが分かれるようでした。

今までの焼酎とは違う味わいを探している方や、日本酒の獺祭が好きな方におすすめです!

手に入れるのは難しいですが、一度は味わってみたいものですね。

-獺祭まとめ
-,

Copyright© 超お酒が飲みたいッッ!! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.