馬刺しまとめ

菅乃屋カナダ産馬刺しが旨い!|国産馬刺しと外国産の違いとは

更新日:

菅乃屋 カナダ産 馬刺し

 

菅乃屋の通販ページを見てみると、国産以外にも【カナダ産】という文字が、、、

  • 「えっ、国産だけじゃないの?」
  • 「味とか品質は大丈夫?」
  • 「とりあえずカナダ産はやめようかな?」
  • 「オイオイオイ、国産鮮馬刺しが売りじゃないの?」

とガッカリしてしまいそうですが・・・

 

実は全く心配はありません。

むしろカナダ産の馬肉が【安心/安全/めっちゃ美味しい!!】な理由があるのです。

詳しく見ていきましょう。

ということで、
菅乃屋カナダ産馬刺しが旨い!|国産馬刺しと外国産の違いとは

をお送りします。

▼▼本場熊本馬刺し▼▼

 

 

外国産の食べ物は不安?

確かに『国産VS外国産』という響きを聴くと、どうしても『国産』の方が優れているように感じてしまいますよね。

実際に、よくニュースでも聴きますものね。

  • 異物混入
  • 基準値以上の農薬
  • 遺伝子組み換え作物
  • etc

それに『肉』というイメージで考えると・・・

どうしても安い『オージー』や『アメリカ産牛肉』よりも、『国産和牛』というブランドが先行してしまいます。

 

「馬肉もどうせ同じなんでしょ?」

そんな声が聴こえてきそうですが、実は違うんですね。

 

新鮮馬刺しの菅乃屋がカナダ産を使う理由

カナダ産の安全性と品質は

一つ勘違いしてはいけないのは、菅乃屋が輸入しているのは【馬肉ではなく、生きた馬】と言うことです。

馬肉の切り身を輸入しているわけではありません。

 

菅乃屋の公式ブログによると、カナダの牧場で育った2歳くらいの馬を空輸し、熊本の大地で1年程飼育。

その後に食肉加工されます。

なので国産ではないですが、【半国産】と言っても過言ではないと思います。

 

またカナダの牧場風景などが定期的にブログにアップされております。

産地の環境/飼育状況について、しっかりと視察/管理し把握していることが分かり非常に安心です。

 

さらに鮮度に関して言えば、菅乃屋が生きた馬を加工しているので【新鮮】であることは間違いありません。

これらのことから【品質や鮮度は全く問題ない】と考えられるでしょう。

 

日本人の【食の安全性】に対する意識は非常に高いです。

ネットでは『日本人が唯一怒るのは、食の問題だけ』と自嘲しているぐらいです(笑)

 

そんな日本人の国民性を考えると、『日本の郷土料理』の看板を背負っている企業が、その品質について十分なケアをしないとは考えられないでしょう。

 

コストが安い!

そして菅乃屋がカナダ産を使う最も大きい理由は、ズバリ価格です。

この件に関しては菅乃屋さんの公式ブログでも公言されていますが、純国産を飼育するよりも、カナダ産の馬を輸入した方がメリットが大きいのです。

【コストが低い=消費者に低価格で提供できる】との考えから、カナダ産を取り扱っているということです。

『安心・安全で美味しい馬刺しを、より安く提供したい』という想いからですね。

 

ちなみに平成27年までデータになりますが、平成17年度以降、日本に食用として輸入された馬は【100%カナダから】となっています。

※さばいた馬肉としては、カナダ以外からも多く輸入されています。

生きた食用馬としての輸入はカナダだけ。

 

価格以外の『もう一つの大きな理由』

カナダ産馬肉を使う大きな理由として、『価格』は大きな理由のひとつなのですが・・・・

実は菅乃屋さんがカナダ産をわざわざ空輸する秘密は・・・

カナダ産の馬の特徴にもあったんです!

 

そして肝心なのが「味」「価格」です・・。
先ほども言ったように、国内の牧場で菅乃屋独自のエサの配合で
大事に育てますので、国産の馬と味は同じです。
いや、むしろ、カナダ産は元々肉付がいい馬が多く、
サシが良く入っていて味もいい場合が多い
です。
例えるなら・・人間には太りやすい人、太りにくい人がいるように・・
お馬さんも個体差があり、国産よりカナダ産の馬は太りやすい場合が
多いように感じます。

引用元:http://www.suganoya.com/blog/

 

そう、肉付き(ジュルリw)

 

外国産というと肉が硬そうなイメージですよね。

牛肉などだと、その肉質は顕著な訳ですが・・・

 

しかし、こと馬肉においては【真逆】

サシが入り、柔らか~い肉質へと育ちやすいのです!

 

カナダから大切に空輸されてきたお馬さん達は、さらに熊本で大切に肥育されます。

国産馬と同じように育てられたカナダ産馬がマズイ訳がありません♪

▼▼カナダ産馬刺し使用▼▼

 

生鮮食品の産地に関する考え方

国産と外国産の違いが『実に曖昧である』ということをアナタはご存知ですか?

「日本生まれ日本育ちが国産品、外国生まれ外国育ちが輸入品でしょ」と思うかもしれませんが、それは【間違い】です。

 

畜産物の「国産品」とは、国内における飼養期間が外国における飼養期間(2以上の外国において飼養された場合には、それぞれの国における飼養期間)よりも長い家畜を国内でと畜して生産されたものを指す。

引用元:消費者庁HP

 

小難しいですね(笑)

ざっくり説明しますと、外国産まれの1歳の馬を日本に輸入し、1年以上飼育すれば、【国産】と表記することができます。

さらに言うと、北海道産まれの1歳の馬を熊本に移動させ、1年以上飼育すれば、【熊本産】と表記することができます。

肥育期間の一番長いところが産地になるということですね。

 

ちなみに以前は馬の場合、1ヶ月以上国内飼育すれば、国産と表記することができました。(牛の場合は3ヶ月。俗にいう3ヶ月ルール)

 

しかし平成16年に規定が改訂され、上記のような取り決めとなりました。

要は【国産】と表記されていたからといって『日本産まれ日本育ちとは限らない』ということです。

 

どうしても和牛のせいか、偏った【国産神話】が根付いてしまっていますね。

そんな国産神話よりも、しっかりと肥育過程がハッキリとし、食の安全が保障されているカナダ産馬肉。

カナダと日本の両国で『大切に肥育された』カナダ産馬肉の方が、下手な国産馬肉よりも間違いないと思いませんか?

それでも国産が良い

 

まとめ

カナダ産の馬はどちらかと言うと、脂がのりやすく【日本人好みの肉質】になります。

1年程度、菅乃屋の管理牧場で飼育されるため、しっかりと脂ののった【霜降り】の肉質になります。

 

国産とカナダ産、どちらが美味いかというと「どちらの方が絶対にウマイ!!」とは断言できません。

しっかりとサシが入った霜降り肉を楽しみたい方は、カナダ産の馬刺しは非常に楽しめるかと思います。

 

ちなみに菅乃屋さんでは当然『国産』も取り扱っていますので、両者を食べ比べて楽しんでみるのも良いかも知れませんね!

初回限定『食べ比べ企画』

などもやってますからね♪

※終了しています。

【初回限定】でメッチャお得にカナダ産と国産が食べ比べられますから、要チェックですよ♪
↓↓↓↓↓




※期間限定企画の為、商品終了にご注意ください。

※やはり終了してしまいました・・・・

コチラからカナダ産をお探しください^^;



 

>>>馬刺し情報まとめ!!美味い馬肉が食べたい!!

>>>旨過ぎィ!菅乃屋通販【熊本国産馬刺し】頼んだった!お味の感想まとめ

-馬刺しまとめ
-, ,

Copyright© お酒が飲みたいッッ!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.