馬刺しまとめ

たてがみ(コウネ)とは|希少部位の魅力とカロリーが凄い!

更新日:

馬刺し たてがみとは

 

馬は様々な部位が馬刺しとして食されています。

その中でも絶対に外せない部位が・・・

【たてがみ(コウネ)】と呼ばれる部位です。

 

生肉という響きからは想像できないような『真っ白な見た目』。

初めて見た人は「これが馬刺し?」と思ってしまうことでしょう。

 

しかし、その生肉らしからぬ見た目でありながらも、馬刺しを語る上では『絶対に欠かせない』この「タテガミ」という部位の魅力についてご説明したいと思います。

ということで、
たてがみ(コウネ)とは|希少部位の魅力とカロリーが凄い!
をお送りします。


 

魅力1:馬にしかない『希少部位』

タテガミとは、その名前の通り『馬のタテガミの下のあたりの部位』になります。

馬肉で食べられる部位は、基本的には牛と良く似ていますが、このタテガミに関しては【馬にしかない】のです。

しかも、一頭の馬からも少ししか取れない【希少部位】になるんですね。

 

またその見た目は真っ白であり、普通の赤身の肉と並べると、【紅白のコントラストが非常に美しく】その彩りからは、思わず食欲をそそられてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

魅力2:『とろけるような味』と『独特の食感』

単純に希少部位であるというプレミア感以外にも、もちろん味に関して【抜群の美味しさ】を持っています。

このタテガミは真っ白な見た目でわかるように『脂肪が多めの部位』になります。

 

馬の脂の融点は牛や豚と比べて低く、人の体温でも溶けるため、口に含んだ瞬間、脂が舌の上で溶け始め、【脂の甘み】が口全体に広がります。

脂肪は多めの部位ですが、口の中で脂が簡単に溶けるため、口当たりはあっさりしていて脂の重たさは全く感じません。

この独特の食感により、癖になってしまうこと間違いなしです。

 

魅力3:『豊富なコラーゲン』

タテガミは脂肪分が多めの部位ですが、脂肪の他にも『コラーゲン』を豊富に含んでいます。

コラーゲンと言えば美肌。

そのため女性に嬉しい美容効果が期待出来るんですね!

 

『コラーゲンを食べても身体の中で分解されるから意味ない』という主張もありますが・・・

対照的に『コラーゲンを摂取することで、体内で起こっているコラーゲン生成が活発化される』という確かな研究報告もあります。

それにコラーゲンをたっぷり摂った翌日、『お肌プルプル♪』を体感したことがある人は少なくないはずです。

 

ただ・・・一つの難点は・・・やはりカロリー。

脂肪分が多くを占めるたてがみのカロリーはと言えば・・・!!

なんと749kcal/100g!

 

お、おぉう。。

・・・ヘルシーが売りの馬肉の中でも、異端児な【カロリー爆弾】・・・食べ過ぎには注意デスネ・・・^^;

 

まぁ馬刺しで換算すれば、100gも一人で食べきることはあり得ませんから、必要以上に気にすることはないかもしれません。

それ以上に美肌/美容効果が得られる期待が出来ますから、適量を食べて美味しく健康になっちゃいましょう♪

馬刺しの栄養価がスゴい!!【美容に嬉しい】健康効果でアナタも熊本美人に!?

 

スポンサーリンク

 

まとめ

たてがみ、あのスッと溶けるまろやかな甘みは、他の何物にも例えることは叶いません。

赤身を食べて馬肉本来の味を楽しみ、たてがみを食べて馬特有の楽しさを覚える・・・・

なんとも贅沢なひと時ですよね♪

▼▼タテガミは本格国産馬刺しの菅乃屋で▼▼

 

馬刺し情報まとめ!!美味い馬肉が食べたい!!

-馬刺しまとめ
-,

Copyright© お酒が飲みたいッッ!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.